9.11について

2001年の9.11事件や、その他色々な感想、思い、などを書いていけたらなと、思っています。

9.11について  山口薫 著 <公共貨幣> その2

2016年10月15日 | 日記
とあるスナックで

コー
さあ、この本をじっくり読んでいこう。 P-160

本書のこれまでの旅で、以下の問いに自答しながら、過去250年以上にわたって支配してきた資本主義の「債務貨幣システム」はデット・エンドであり、システムとしては欠陥デザインであるという結論を得た。

経済学とは何か
お金とは何か
日本銀行は必要か
お金はなぜ無から創られるのか
お金はなぜ支配の手段となるのか
国の借金はなぜ増え続けるのか


さあこれから、この債務貨幣システムの欠陥デザインに挑戦するという困難な旅の後半が待っている。ーーーーーー



小林
そうですね、大変な大変な旅ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9.11について  そして 山... | トップ | 9.11について  山口薫著 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。