みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

ghoul(屍肉喰い)

2017-06-17 22:37:29 | 新・ほろ酔いキッチン

毒蛇の如く歯から溶解毒を分泌するように遺伝子操作されたクローンの少女たちが、夜な夜な街を徘徊し出会った人間に噛みついて溶かしていく・・・。
怪奇大作戦のリメイク版にそんな話があった。
お互いに噛みあって皆溶けてしまうという凄惨な結末故に、妙に印象に残っている一編である。

で、冒頭の画像。
鯵のアラに群がる肉食貝軍団。
この手の貝は、相手の殻を溶かす酸やら、動きを封じる毒やらを分泌するという。
この状態だと、お互いに毒を注入し合って皆が餌になってしまいそうなものだが、一夜明けてもヤドカリにお家を提供した個体が居なかったところをみると、その辺りは上手くやってるみたいで一安心(笑)


こちらは、おなじみのブラックジャック1号2号。
1号に至っては、今年で水槽暮らし13年。
磯水槽では一番の古株。
この手の屍肉喰いは丈夫で長寿だから、後続の若貝がどんどん育ってきて、いまや磯水槽の一大勢力となっている。
まるで高齢化社会を戯画化するが如し。
ある意味、怪奇大作戦より不気味かも・・・。

などと、無責任な思考を巡らせつつ水槽を眺めている管理人も、実は屍肉喰いなら彼らの右に並ぶ!


ちょっと季節外れだけど・・・フグの屍肉~!
しこしこ


ヤリイカの屍肉~!
こりこり


ガマエビの屍肉~!
じゅるじゅる

ここまでなら、軟体動物や節足動物と大差はない。
霊長類として生まれた管理人としては、更に上を目指さねば!
と、いうわけで屍肉の旨みを倍化させるために、ヒト科ヒト属ヒトが英知を極めて開発した最終兵器を投入!


「一本義 純米 無濾過生原酒」!

まいったか、魔貝軍団。
と、ヒメヨウラクやイソニナ相手にガチではり合う管理人。

酔い酔いと今宵も平和なみーばい亭(ほろほろと酔爆死)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 93日目の仔ヤドカリ | トップ | オカヤドカリ槽の梅雨支度 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
屍肉食い (車海老)
2017-06-20 23:39:49
お、久々の海水ネタですね(^_^)

>ブラックジャック1号2号。

これまた、懐かしい名前ですね。生きていたんですね。

>1号に至っては、今年で水槽暮らし13年。

当水槽では、イソニナの6年が最高でしたが、これらの生き物は、小さいうちはどこに埋もれているのか分からないところが難点ですね。

先月、GW後に、今年初めて、磯で遊んできたのですが、そこでお連れしたクボガイが、その日のうちに、昨年採集した小さな肉食貝にやられました。

かなり前から、姿を見ていなかったので、とっくに死んでいたのかと思っていたのですが、倍以上のクボガイに食いつき、蓋などなんのその、あっさりと殺害する手際の良さは、腹立たしさよりも、脱帽した感がありました

そして、今、また、どこかに潜んでいます。おそらく、ヒメヨウラクガイだと思いますが、イボニシかレイシガイかもしれません。私は、フクロガイかと思って、採集したのですが・・・。小さいと貝の形だけでは判別しにくいんですよねえ。

>まいったか、魔貝軍団。

ははは、酒の前では、彼らもおつまみですからね。
もっとも、最近、アニキサスなるものが流行っている様ですから、生の屍肉食いには、ご注意を
年季の入った屍肉食い (波風)
2017-06-24 19:59:36
車海老さん、こんにちは。

うちは積極的に採集したことは一度もないのですが、どんどん増えているのはどういうわけでしょうね?
もしかして、水槽で繁殖してるとか(笑)
ま、ベリジャーらしき微生物は時々湧いていますが(^^)

›あっさりと殺害する手際の良さ
う~ん、ヒメヨウラクは生きた貝には手を出しませんから、レイシ系じゃないでしょうか。
この手の肉食貝は同種でもいろんな系統がありますから、正確な同定は絶望的ですが(^^;

それにしてもここまで肉食貝が増えると、貝類や甲殻類にはダメージが大きそうですから、今年は方向転換して武骨で丈夫な魚を中心に追加しようかと目論んでいるところです。
最初は軽くアゴハゼ程度ですかね。

アニサキスは、流行ってるというよりマスコミの過剰報道で注目されているだけでしょう。
ま、こちらは屍肉喰いには年季が入っていますから、それなりに包丁の入れ方なんかにも気を使っていますし、今のところはパーフェクトにクリアしています。
うちで屍肉を生食するのは日本海産に限りますから、リスクはほとんどありませんがね。
あれ?日本海にアニサキスが少ないって、迷信とか都市伝説?
お久しぶりです (雪屋橋)
2017-06-29 12:35:32
雪屋橋です

オカヤドカリの話ですが、うちではまだ飼って2年くらいしか経ってないひよっこもいいところなんですが、なるべく自然に近く!がモットーで育てております(だだの凝り性)なので?事故も少なくここまで来ました

凝り性と調べ尽くしたいたちで、
みーばい亭さんのブログもそうですし、
(日本酒飲みたくなります(笑))
以前紹介して下さったブログもかなり読みました…
(ハーミーズとか酷いです)
理系の血が騒ぐのか、最近論文など読んでみたいと思って来たくらいです…
雪屋橋さん (波風)
2017-07-01 21:17:25
こんにちは、お久しぶりです。
そちらは、爽やかな初夏の気候なんでしょうね。
寒いのは苦手ですが、梅雨真っ盛りのこの時節だけは、そちらに避難したくなります。
北の大地の雄大な自然の環境で、たくましいオカヤドを育ててくださいませ。

>最近論文など読んでみたいと
オカヤドはんも更新停止中ですし、アカデミックな情報を発信しているオカヤド飼いさんが絶滅状態で、目新しい情報にはとんとお目にかかりませんね。
まったくもって寂しい限りです。
何か斬新な論文でもありましたら、ぜひ紹介してください。
あ、できれば翻訳もお願いしますね(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL