奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

小利別駅(ふるさと銀河線探訪)

2016-11-30 05:30:34 | 北海道の“鉄旅”日記



網走線が野付牛(現・北見)まで延伸開業した1911年に開業しています。

駅舎は1990年にコミュニティセンターと合築されたもの、
かつては大きな集落だったようですが今は閑散としています。








雪のない季節に訪れたならいろいろな発見がありそうです。

陸別町は寒いところですが、ここは更に寒そうだ。
季節柄もあり、うら淋しい気分になりました。

十勝のどん詰まり感、半端ないな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙美里駅(ふるさと銀河線探訪) | トップ | 滝西小学校(滝上町)の今 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おじじ)
2016-11-30 12:07:36
父親の生まれた場所ですわ。
おじじさん (オクイ)
2016-11-30 20:20:07
あっ、それはそれは。

小利別はかつて木工場が何軒もあって、
駅も年間4万人以上の乗降客があったそうです。

私の故郷も同じようなところなので、
以前の賑やかさと今の衰退ぶりがリアルに想像できます。

過疎、ですなぁ。

コメントを投稿

北海道の“鉄旅”日記」カテゴリの最新記事