奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

木古内駅

2017-07-14 05:35:06 | 鉄道



道南いさりび鉄道(いさ鉄)と北海道新幹線が通っている木古内駅。
両駅は駅舎が別になっており、連絡通路で結ばれています。

いさ鉄の木古内駅は新幹線開業前に乗り換えでよく使いました。
駅舎は新築されていますが、待合室や改札などは以前のまま。

しかし駅員は輸送関係社員だけの配置で窓口営業はなし、雰囲気は無人駅。

駅の外から構内を見ると津軽海峡を行き来する特急が発着していたホームは1-3番線は撤去され、
現在使われているのは4、5番線の1面2線だけとなっています。

そこに函館からのディーゼルカーが折り返すのみとなりました。

いさ鉄に敬意を表し券売機できっぷを買う。





新幹線の駅も見物しようかと思っていましたが、つまらなそうなのでやめた。





代わりに駅前にできた道の駅「みそぎの郷 きこない」で休憩。

ここは2016年1月にオープンしてから1年で55万人が訪れたという人気スポット。
この日も閑散としていた駅とは対照的に多くの人で賑わっていました。

本来なら木古内は新幹線で訪れた観光客が松前や桧山方面へ散らばる拠点、
道の駅はそれも意識し、木古内町だけではなく周辺9町の案内所の役目も果たしています。

その姿勢が利用客に支持されたのでしょう。

“我が町”だけではない、広域で物事を考える。
それができないところは魅力がそがれますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧渡島大野駅の油庫 | トップ | 木古内町のマンホールカード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。