奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

白糠線に乗ったときの車内補充券

2017-03-07 05:15:40 | 鉄道



国鉄白糠線は1964年に白糠ー上茶路間が開業、1972年に北進まで延伸しました。
しかし1983年10月23日に廃止、延伸からわずか11年で廃止となりました。

私は1983年1月8日、廃止が決まっていた白糠線に乗車しました。
そのときの切符がこれです。

何しろ全線無人駅の白糠線、入場券などはないので乗車を証明する手段はない。
だとすれば、車内で発行される“車内補充券”を入手するしかない。

そこで車掌さんに発行して頂いたのが、この車内補充券です。
釧路車掌区発行、区間は「北進」から「下北進」で運賃は120円。

今なら車掌が持っているプリンターでピピッと出てきますが、
それに比べ昔のこういう補充券は味があっていいなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石北本線の列車名に「大雪」... | トップ | 通年販売にならないのか、新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事