奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

名古屋から仙台への5日間 … 文化のみち橦木館(文化のみち)

2016-10-29 06:31:26 | 道外の博物館
14日(金)





ここは1897年に設立された井元商会の創業者・井元為三郎によって建てられた邸宅です。

井元商会は陶磁器の素地を仕入れ上絵を付けて製品にし輸出する会社で、
昭和の初めにはサンフランシスコやシンガポールなどに拠点を構えていました。

名古屋の、この界隈はその陶磁器産業の集積地になっていきました。

最盛期には日本で作られた輸出用陶磁器の70~80%がこの界隈で生産されていたそうです。
その中心にいたのが井元為三郎だったのです。

さて広い敷地の中に和館、洋館、2棟の蔵、茶室、庭園が残されています。
邸宅も広い、そこを喫茶と展示室、貸室として利用しています。

展示は陶磁器産業の歴史、昭和初期の生活の様子など、
そして貸室は6室ありこの日も様々な展示などが行われていました。

常設展示自体は“そこそこ”ですが、貸室の展示でバリエーションがついている。

それはいいとして、本当に広い邸宅だ。
敷地も広いし建物も広い、一体どれだけ財力があったのかと思います。

当時はさぞいろいろな人が出入りしていたのであろうな。

名古屋の陶磁器がこんなに力があったとは知りませんでした。
そういえばノリタケカンパニーの本社は名古屋市、なるほどねぇ。




*文化のみち橦木館(しゅもくかん)

住   所:名古屋市東区橦木町2-18
開館時間:10:00~17:00
入 館 料:大人200円、中学生以下無料
休 館 日:月曜日(祝日、振休日の場合は次の平日)、12月29日~1月3日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋から仙台への5日間 … ... | トップ | 名古屋から仙台への5日間 … ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道外の博物館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。