奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

フェリーで行き帰り、東京3泊6日 … 東京まで

2017-08-09 05:29:26 | 道外の旅日記
22日





仙台港からの予定は以下の通り、真っすぐ東京へ向かいます。
中野栄から使ったきっぷは“青春18きっぷ”、全て普通列車です。


仙台FT10:28=中野栄駅10:39、10:58-仙台11:16、11:36-白石12:24、12:30-
福島13:04、13:30-郡山14:19、14:52-黒磯15:54、16:39(快速ラビット)-上野19:10


微妙な待ち時間がありながらまずまずの乗り継ぎで一直線に、
東北本線を南下し上野まで駆け抜けます。

フェリーターミナルからは宮城交通の路線バス、わずか11分、140円で中野栄駅へ。
ちなみにこのバスの行き先は「泉中央駅」で終点までの所要時間は79分、730円。

いつか暇なときに乗り通してみたいものだ。

仙台駅では立ち蕎麦で腹ごしらえ、あとは東北本線を下るのみ。
昨年は常磐線、海沿いを北上しましたが今年は福島県中通りを南下。

宮城と福島の県境の景色はいつ観てもいいものです。
白石の次、越河駅を過ぎて福島県へ、県内最初の駅は貝田駅、所在地は伊達郡国見町。

白石盆地から分水嶺を超えて福島盆地を見下ろす、地名、駅名は名を現す。

広い構内を持つ黒田原を過ぎれば間もなく黒磯、
新幹線開通前は東北本線の主要駅でしたが今は静かな構内。

最終ランナーは上野行快速ラビット、ここは奮発してグリーン席で向かいます。





さすがグリーン席、のんびりした気分のまま定刻、上野に着きました。
いつもの南千住の宿へ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェリーで行き帰り、東京3泊... | トップ | フェリーで行き帰り、東京3泊... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道外の旅日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。