奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

「みよしの」、東京進出へ

2017-03-12 05:54:20 | 北海道のこと
「大阪王将」と「餃子の王将」が北海道に進出してもビクともしない、
我らが札幌のソウルフード“ぎょうざとカレー”を提供している「みよしの」。

それが満を持して東京に進出することになりました。

2020年をめどに座席数10席程度の直営店を数店展開、
軌道に乗ればセントラルキッチンの新設も考えているそうです。

いずれ、東京のスーパーで「みよしのぎょうざ」のチルド品が買える日が来るかも。
そうなれば首都圏在住の道産子は嬉しいだろうな。

同社ではまず手始めに15日~20日まで伊勢丹新宿店で行われる、
『北海道展』のイートインコーナーに初出店します。

取扱商品はおみやげぎょうざ(各日300点限)、みよしのセット(同50点限)、
ぎょうざカレー(同50点限)の3品とのことですが、提供数が少なくないか…?

値段はおみやげぎょうざが521円(道内では420円)、みよしのセットが580円(同470円)、
ぎょうざカレーは481円(同390円)と、輸送費の関係からかそれなりの価格設定。

さて本格的に東京進出を果たしたとき、道内では300円のカレーはいくらになるのか。

それはともかく“ぎょうざとカレー”というコンセプトが東京に受け入れられるのか、
意外といいところをいくのではないかと思っているのですが、興味がありますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6年 | トップ | 青函間のフェリー、好調 … 上 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
東京でも食える (虹色仮面)
2017-03-20 09:37:34
みんな、市場を求めて東京へ進出する時代になりました。
それだけ一極集中が進んでいるといえますね。
こりゃ東京でも「みよしの」が食えるぞ。秋以降の楽しみができました。
虹色仮面さん (オクイ)
2017-03-20 16:16:38
以前は赤羽に「リトルスプーン」があり、思わず利用してしまいました。
「みよしの」はそれを上回るインパクトがあるはずです。

味の時計台や串鳥はすでに東京にあるけどね。
Unknown (おじじ)
2017-05-22 08:55:48
キャベツの浅漬け食べ放題が維持できるのかなー。
これが楽しみで、すすきのの店で帰省するたびにカレー+餃子を食べるのですよ。
おじじさん (オクイ)
2017-05-23 03:38:02
みよしのの東京進出は楽しみにしています。
成功するといいのですが。

コメントを投稿

北海道のこと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。