奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

一日散歩きっぷで久々の根室本線と夕張支線 … 東鹿越まで

2017-04-06 05:32:50 | 北海道の“鉄旅”日記



滝川9:42発、東鹿越行、こんなことでもなければ絶対にありえない行き先の列車です。
当然ですが駅の案内も列車のサボも「東鹿越」となっています。





この列車は災害前は「日本一運行時間の長~~い定期普通列車」だった釧路行でした。
それが根室本線が不通になったため今は東鹿越行になっています。

1番線に入ってきた列車は2両編成、1両目が東鹿越行、2両目は富良野行となっています。

これも災害前までは滝川を1両で出発し富良野で1両を増結していましたが、
それとは逆の編成となっています。

私は代行バスが新得まで繋がったということで“鉄”が結構いるかと予想していたのですが、
それらしい方は10名ほどで少し拍子抜けしました。

告知が不足しているのか、“鉄”にまで見放されたのか。

列車は災害前と同じダイヤを辿り、淡々と走っていきます。
富良野では長時間の停車があるのも災害前と同じ。

違うのはそれまでは1両増結だったものが1両切り離しになったこと。

単行になった列車はこれまた淡々と富良野盆地を進みます。
車窓右手に見える夕張山地の山並みが相変わらず美しい。

金山湖が見えるころには雪が深くなり列車は終点、東鹿越に到着。

災害でもなければ降り立つことがなかったであろう駅なので駅舎などを見学したい…。
ですが代行バスとの乗り換え時間はわずか5分、そんな時間はありません。

駅前にはバスが2台、まさか2台運行かと思いましたが1台は新得から到着したバスでした。
さて、代行バスに乗車です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一日散歩きっぷで久々の根室... | トップ | 一日散歩きっぷで久々の根室... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。