奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

名古屋から仙台への5日間 … “文化のみち”

2016-10-25 05:21:52 | 道外の旅日記
14日(金)





名古屋城から東側、尾張徳川家の邸宅があった「徳川園」に至るエリアは、
江戸時代から明治、大正へと続く名古屋近代化の歩みを伝える建物などが立ち並んでいます。

ここは“文化のみち”としてイベントや建築遺産の保存・活用が進められており、
産業考古に興味のある私には心揺さぶる一帯となっています。

特に白壁、主税町(ちからまち)、橦木町(しゅもくちょう)辺りは元武家屋敷、
その跡地に財界・文化人が住み着き今も当時の雰囲気を伝える独特な景観を呈しています。

今回はその3町を中心に散歩してきました。

まずは地下鉄名古屋駅から桜通線で久屋大通駅、名城線に乗り換えて市役所駅で下車。
地上に出ると当然そこには名古屋市役所があります。

その本庁舎の存在感が凄い。

1933年竣工で昭和天皇即位記念事業として建設されたもので国の重文。
名古屋市の都市景観重要建築物にも指定された歴史的建造物。

隣は1938年完成の県本庁舎もある。
これも昭和天皇御大典記念事業の1つとしてとして建てられたものだ。

のっけからこれか!
これはこれからお散歩するエリアに何があるのかワクワクしてしまう。

きっととんでもない“ブツ”が現れるのであろう。

さて、行こうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋から仙台への5日間 … ... | トップ | 名古屋から仙台への5日間 … ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道外の旅日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。