奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
OYOYO美術部所属。

旧本願寺駅逓(沼田町)

2017-09-14 05:16:32 | 北海道の旅日記



場所は国道275号線沿い、沼田町字北竜第1に建っています。
札幌から向かうと道路の右側になります。

建てられたのは1894年で、1900年に官設の駅逓となりました。
外観は目立った傷みなどは見当たらず、保存状態は良好のようです。

町のHPでは5月~11月に公開となっていますが管理は付近の方が行っているようで、
見学する場合にはそこに申し出るとのこと。

時間もないことですし、見学は断念。

道指定の文化財となっており、道教委の解説では以下の通りとなっています。





※亜鉛鉄板葺きの切妻屋根で、土壁は白壁仕上げ、2階正面にたてしげ格子の出窓、
 1階全面開口部にしとみ戸(格子組の裏に板を張って日光を遮り、風雨を防ぐ戸)

などと書いてありますが、よくわからんな。
とにかく、現存する駅逓のなかでは旧態をよく留めていると評価されています。

私が外観を見て第一印象で思ったことは以下の通り。

“この建物は旅館だな”

駅逓なのでいろいろな役割があったと思いますが、ここは旅館の役割が強い。
本当にそうだったのかは調べていないのでわかりませんが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラウス15号(沼田町) | トップ | 石狩沼田駅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北海道の旅日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。