風の向くまま薫るまま

その日その時、感じたままに。

一陣の風

2017-06-20 11:21:02 | ももクロ









ももクロの新曲が8月2日に発売されます。タイトルは『Blast!』。

上の画像はその曲用のアーティスト写真です。今までとはまたちょっと違う方向性にシフトしていますね。単純に云ってカッコイイ!


この子たちの振り幅の広さにはいつもながら感心してしまいます。




これから情報を小出しにしつつ、発売日まで徐々に盛り上げていくんでしょうね。ワクワクするねえ(笑)



さあ、祭りの始まりだ!




********************



ももクロじゃないけど、のんちゃんの話題。




『ミクロボーイとマクロガール』スチャダラパーとEGO-WRAPIIN


のんちゃんがMVに出演してます。今のんちゃんには風が吹いてます。このBlastに乗って、どこまで上っていけるか。


頑張れ、のんちゃん!頑張れ、ももクロ!



頑張れ、みんな!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『七人の侍』における野武士とは | トップ | 高城れに生誕祭2017 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チャメゴン)
2017-06-21 00:39:53
はぁーーい!! むしろ何を頑張っていいのかもわかりませんが、頑張って生きていくしかないです〜(//∇//)
薫風亭お兄さまも、頑張ってくださいね〜〜♪♪
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-06-21 06:04:10
チャメさん、なんでもいから頑張れー!
ドルオタの叫び (玲玲)
2017-06-21 10:49:35
この子達は疾風の如く、このまま駆けぬけて行って欲しいです。

ただ、しかし最近のアイドル戦国時代のプロモーションに解せませぬ。

私はあるいみスタダDDと呼ばれる種族かもしれませんが、全てのライブには行くことは出来ません。
夏のバカ騒ぎはスポーツの祭典って言うし無理せず、参加しないで、仕事の都合にあったライブメインの青春ツアーのどこかに行けたらいいかな、と思ってましたが。

夏バカの外周で、SIFと言う、要夏バカチケットのヤングアイドルフェスに3B junior が出ることになって、しかもそこで、投票制で順位を出すのです。
あぁ、そこで負けたらあの子達がどんな思いをするのだろうか、と悲しくなりまして、行かなきゃ!でも、行って、仮にそこで優勝したから、全国区のメジャーになれるの?
既存のドルオタだけで、集客争いしているだけで、なんだかなぁ、と思ってます。
とき宣、ばっしょー、ロッカジャポニカ、桜えび〜ず、いぎなり東北産、どの子達も頑張ってる。

しかし、ももクロのように集客していくことが、頭打ちなのか、人を呼ぶアイディアは認めるけど、なんか、もう川上さーん!って感じです。

勿論モノノフを振り向かしてやる、とどのアイドル達も頑張る、それが見ていて健気なだけに勝負や、1,000人埋めるぞ、キャンペーンとか、埋めなきゃダメって感じじゃなくて、自然と人が集まらなきゃ、エンタメでは無いのです。

夏バカのチケットも余ってるそうで、友達をAEに沢山入れたら王冠るとか、なんか違うだろ、とか思いますが、そんなことは気にせず、笑顔を向け続けるももクロちゃんは眩しいのです。

多分夏バカ行っちゃうかもです、まぁ、本当に行ける選択肢がある、今が幸せなんです。

いぎなり東北産、東北圏内商店街でもパフォーマンスしているそう、見かけたら見てあげてください。
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-06-21 12:11:36
玲さん、上がったら落ちるのはこの世の法則だから、ももクロも行くところまで行ったなら、ある程度動員とかが落ちて行くのは、寂しいけど、必然だよなとは思いますね。いやいやまだまだ伸びしろはあるでしょ!?というのも一つの考え方だし、それはそれでいいけど、そういう数字とかが関係ないところで、この5人の将来性がはっきりと感じられて、やっぱりこの5人が揃ったのは奇跡なんだよな、とは思います。
3Bとかよく知らないけど、ももクロほどの逸材は無理だろうなとは、悪いけど正直そう思う。ももクロは云わば宮本武蔵なんですよ。だから吉岡道場の門弟が束になってかかっても勝てない。
みんな頑張ってるのはわかるし、もちろん頑張って欲しい。でもこれから益々、アイドルは厳しくなるよ、きっとね。
ホント、大変だと思う。でも頑張れとしか、私には言えないんだよなあ。
Unknown (玲玲)
2017-06-21 14:22:06
いやいや、ももクロと比べたり、ももクロちゃんのようになって欲しいとかでは無いんです。

ももクロの集客の為にヤングアイドル杯も行ってるんじゃ、とかももクロやモノノフのアイドルが好きな前提の方へだけのプロモーションしているだけ、なことが私の不満なんです。

実際頭打ちになっても、いいと思うんです。

だったら、青春ツアーのようなものだけにして、ももクロの過密スケジュールを軽減しても、ちゃんと人はついてきます。

それと、3B junior に関しては、私の中の偏見は、ももクロちゃんの歌マネだけをしている、例えばジャニーズのレッスン生レベルなんでしょ?と思ったら、生のライブでは個性があって、拙い部分もあっても、一生懸命で健気でももクロほどのエンタメじゃなくても、ちゃんとエンターテナーなんです。

それを既存のドルオタにしか、見せる機会が無くって、運営の人員不足から、路上や昔ヤマダ電気にももクロが回るような、誰も知らないところから、の宣伝が出来ないのです。

実際、ももクロは既にアーティストのレベルですが、彼女達だって15,6の頃はつたなくて、メンタルも不安定だった、猪木や馬場にはなれなくても、四天王や秋山、高山ぐらいにはなれるのに、ちゃんと、ももクロじゃなくて、彼女達がそれぞれ彼女達になれたら、充分なんです。

運も実力のうち、それでも勿体無い、と思ってしまうだけなんです。
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-06-21 16:42:11
玲さん、成る程ね。これだけ人が増えちゃうと、初期のももクロちゃんのようなマンツーマンの指導が出来なくなるし、細かいプロモーションも難しくなるだろうね。れにちゃんとか、初期のころは川上さんが付きっきりで、時には罵声を浴びせながらも引っ張って行って、そうやって開花させたようなところはある。もちろん一番はれにちゃん自身の頑張りだけど。
確かにね、個別のプロモーションが難しいから、一定の集客が確実に望めるももクロに関連させた方が効率的だと思うのかもしれない。
こうしてみると、ももクロはホントに奇跡的な偶然と幸運の積み重ねでできてるんだなと、改めて思うね。
難しいね、ももクロが出てきたころとは、状況が違っちゃってるからね。
本当に大変だろうけど、与えられた状況の中で頑張るしかないし、スタダに入れただけでも十分幸運なんだと思わなきゃ。
頑張れ!やっぱり私にはこれしか言えない。


コメントを投稿

ももクロ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。