風の向くまま薫るまま

その日その時、感じたままに。

原敬についてちょこっと語ってみる。【エピローグ】もののふの道

2017-06-14 13:53:09 | 岩手・東北





戊辰戦争が比較的中規模な内乱で終わったのは、「水戸学」の御蔭だったといっていい。



武士が最終的に仕えるのは天子様(天皇陛下)である。このような観念が日本中の武士の隅々まで浸透していた。だからこそ「錦の御旗」一枚を掲げられただけで、幕府軍はへなへなとなってしまった。

鎌倉のころは、武士は将軍の命令に従うのであって、上皇の命に従うわけではないとして、後白河上皇の許可もないまま奥州平泉に軍を差し向けた。そのころとは基本的な意識が違っていたんですね。


会津藩をはじめ奥羽越の同盟諸藩も当然水戸学の影響下にありましたから、彼らが新政府軍と戦ったのは新政府に胡散臭いものを感じ、こいつらにまかせたのでは天子様のため、御国のためにならないと感じたからであって、守ろうとしていたものはどちらのサイドも同じだったんです。


原敬が「戊辰戦争殉難者五十年祭」の祭文に記した一文、


【戊辰戦役は政見の異同のみ】


とはそのことを語っているんです。


天子様天皇陛下のため、御国のため、国民のため身命を賭して働くのが武士。盛岡藩家老の家に生まれた原敬は、終生自分は「盛岡藩士」であるという意識を持ち続けました。刀は持たずとも、戦場に立たずとも、自分は盛岡藩の武士である。


原はその生涯を賭けて、盛岡藩に着せられた「逆賊」の汚名を雪ぐために戦い続けたのでしょう。


それが、盛岡藩士の務めであると信じて。












薩摩に村田新八という人物がおりました。


尊敬する西郷隆盛が政府を辞して薩摩に帰り、どうやらいくさが起きそうな気配。新八はいくさを辞めるよう進言するため、西郷のもとへ向かいます。

新政府ができてまだ十年、色々不満もあろうが今はいくさをするときではないと村田は進言しますが、その場に居合わせた薩摩武士の桐野利秋、かつて中村半次郎の名で「人斬り半次郎」と恐れられた桐野が、村田に一言


「村田君、君はまだ議論をしようというのか?」


こう云われた途端、村田は黙ってしまい、一言も口をきかなくなったそうです。


一度決したこと、こうと決めたことは曲げない。戦うことを決めた以上、これ以上議論を続けようとするのは卑怯未練というもので、武士としてもっとも恥ずべき行為でした。

「君はまだ議論をしようというのか?」こう問われて、村田は武士としてもはや曲げられないことを悟ったんですね。


その後村田は西郷の指揮の下、軍の先頭に立って戦います。戦闘は苦戦を強いられ、若い兵士が思わず村田に尋ねました。

「村田さん、このいくさは勝てるんでしょうか?」

村田は答えます。

「これは義のための戦いであるから、勝ち負けは関係ない」


こうして村田は田原坂にて討死。その目には一筋の涙が……。





原敬もまた武士として、政界という「戦場」で戦い続けた。


そこに勝ち負けは関係ない。ただ「義」を示すのみ、その為のみに戦い続け、


見事、討死を遂げました。



そこに、悔いはなかったでしょう。原は見事に生き切った。



その生涯は、まさに




「もののふ」でありました。





原敬が尊敬して止まなかった盛岡藩家老、楢山佐渡の辞世。


【花は咲く柳はもゆる春の夜にうつらぬものは武士(もののふ)の道】


※私なりの解釈をすると、花(桜)が咲き、柳の新芽が萌えるように、この世のことはすべて移ろい変化していく。そのように移ろいゆく春の夜でも、移ろわないもの、変化しないものがある。それが武士道、もののふの道である。


つまり佐渡は自らの選択に一点の曇りなく、一切の悔いはないと云っているわけです。自分は武士としての義を通した。勝敗は時の運に過ぎない。

佐渡は武士の誇りをもって、胸を張って死んでいったのです。



佐渡を尊敬してしていた原敬もまた……。


奥州武士道、これにあり!



おわり
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LED ZEPPERIN [Immigrant Son... | トップ | 岸田森 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-06-14 19:04:59
記事に佐渡の辞世の解釈を加筆しました。よろしかったらどうぞ。
Unknown (玲玲)
2017-06-14 19:48:40
佐渡の辞世の句、命が儚いように見えますが、それでも太く生きた、激動に身を流すこと無く、貫いた、潔さを感じます。

ただ、自分が水戸に縁がある、茨城県民なので、どうしても水戸学の赤い気持ちによる、桜田門外の変とか、天狗党の乱とかは、確か慶喜さんは粛清したと言うか、水戸の人間でも見放したようにも見え、真意は勤皇の正しさなのですが、赤い気持ちに揺さぶられた、水戸藩士達がヒステリックに見えて、大義のようで大義に見えない気がして。
会津諸藩については、そうは思わないのですが、ドラマや小説、時代背景に影響されてるのか、こちらの水戸藩士達は、命を粗末にしたように見えてしまうのです。

お雛様、お内裏様も、江戸時代に天子様がおられることを広く知らしめたような気もするのですが。
あっ、多分私が水戸の人間が苦手なんだなぁ、と結局思いました。

会津、東北諸藩の結束は、武士道そのもので、かと言って、佐幕派でも決して暴動では無く、正しく(成否じゃなくて)真っ直ぐに思います。

あっ、なんかまた訳分からなくなってしまいましたが、賊軍も呼ばれた立場、その志が武士であるほど、憤りは感じただろうと思いましたが、それを前面に出さずに、生ききられたことが本当に伝わりました。
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-06-15 06:57:18
玲さん、人それぞれ色々な想いがありますね。私もこの時代には特別な思い入れがあるし、皆さん考えがおありだろうと思います。
いずれにしろ、この時代の武士道の究極的な美しさには、感銘を憶えざるを得ません。
凄い時代だったと思います。
Unknown (チャメゴン)
2017-06-15 08:34:26
奥州武士道、深い考察をありがとうございました。
皆それぞれに「義」があった。そのために命を懸けた。
日本は天子様の国。それは皆同じで、ただ悲しい事に方向性が違った…。
日本人として生きたご先祖様達に、感謝の気持ちしかないですね。 私も武士として、信念を持って生きたいな!!
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-06-15 21:52:44
チャメさん、薩摩武士も奥州武士も、武士道ではなんら遜色がなかった。みんな「義」のために戦ったんです。日本の「国体」を守るために、命を賭けていた。
こんな素敵なご先祖様方には、感謝しかないです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。