風の向くまま薫るまま

その日その時、感じたままに。

スクラップ&ビルド ~ゴジラが壊したかったもの~

2016-08-06 05:54:46 | ゴジラ






矢口蘭堂、内閣官房副長官・政務担当(長谷川博己)




カヨコ・アン・パタースン、米国大統領特使(石原さとみ)




赤坂秀樹、内閣総理大臣補佐官・国家安全保障担当(竹野内豊)



【日本はスクラップ&ビルドでやってきた。だから大丈夫、きっと立ち直る】

竹野内豊演じる赤坂秀樹の言葉は、ゴジラに破壊された東京や、日本そのものを指してのセリフでしょう。



スクラップ&ビルド、まさしく「破壊と創造」「死と再生」です。



先の大戦を例に挙げるまでもなく、日本は何度も何度も危機的状況から奇跡的に立ち直ってきた歴史があります。ですからこの言葉は、東日本大震災をはじめ、近年度重なる自然災害に遭われた被災者の方々へ、そして日本人全体へのエールであるのでしょう。



長谷川博己演じる矢口蘭堂が、ゴジラによって破壊された建物のがれきの前に立って、静かに手を合わせるシーンがあります。あれは長谷川さんのアドリブだったそうですが、何も考えず、極自然に手を合わせたのだとか。


このシーンに、この映画の「心」が集約されているように思います。








ゴジラが壊したのは「それだけ」ではありませんでした。





ゴジラ出現の予兆が現れたとき、いち早く巨大生物の可能性を指摘したのは矢口でした。しかし居並ぶ閣僚のお歴々は相手にすらしない。

結局矢口の指摘の通りだったわけですが、それでも彼らは希望的観測から逃れられない。しっかりとした危機意識を持てないんですね。見かねた赤坂が、先の大戦における軍の失敗を例に出して、希望的観測、根拠のない楽観を戒めます。



初期形態のゴジラが川を遡上しはじめ、環境省に勤める「その道」のエキスパート、尾頭ヒロミ(市川実日子)が上陸の可能性を示唆しても、生物学の常識からそんなことはありえないと、上司に否定されてしまいます。

しかし、ゴジラは上陸しました。上陸して鎌田を蹂躙し、百人以上の犠牲者を出してしまいます。


正しい指摘があったにも関わらず、平時の常識に捕らわれた「上の者」たちがそれを取り上げず、結果政府の対応は後手後手に回ってしまい、いたずらに犠牲者を出す結果となってしまったのです。





今までのやり方を守っていたのでは対処できないことを痛感した矢口は、各省庁から選りすぐりのメンバーを集め、これまでの縦割りを改め、省庁横断的で役職等にこだわることなく、自由に意見を言い合えるチーム「巨大不明生物特設災害対策本部」通称「巨災対」を設立、矢口がその事務局長を兼務することになります。

ゴジラ出現によって、従来の「お役所仕事」の常識が壊されたわけです。





尾頭ヒロミ、環境省自然環境局野生生物課長補佐(市川実日子)




森 厚労省医政局研究開発振興課長(津田寛治)




「巨災対」の面々。







ゴジラはもっと「大きな」ものを壊します。



ゴジラが東京に再上陸し、愈々首相官邸にも危険が迫ります。首相以下主要閣僚は、ヘリに乗り、官邸から立川の臨時対策本部へ移動しようとします。

しかし、そのヘリがゴジラの発した放射能熱線によって撃墜されてしまう。

総理大臣以下、主要閣僚が軒並み死亡してしまったのです。


緊急の処置として、たまたま外遊中だったため被害を免れた、里見農水大臣(平泉成)が総理代理を拝命することになりました。



この里見大臣、自分はあくまで中継ぎであることを自覚しておられるんです。若いもんにスムーズに繋げるために、自分ができることをするというスタンスで総理の職に臨んでいたようです。





ゴジラによって、若い才能を押さえつけていた「重し」が一挙に外されてしまったんですね。ゴジラによって強引に世代交代が為された結果になっているんです。


古いシステムを「壊し」、古い世代を「壊し」……。



ゴジラが為そうとしたことって……。








花森麗子、防衛大臣(余貴美子)



ゴジラのエンドロールを見ておりますと、取材協力者として、小池百合子さんの名が挙がっておりました。


おそらくは防衛関係の取材に応じたのでしょう。そのせいか、劇中の防衛大臣は余貴美子さん演じる女性に設定されています。



不思議なもので、映画『シン・ゴジラ』の公開初日より2日後に東京都知事

選挙があり、小池百合子さんが当選しております。さらには内閣改造も行われ、新しい防衛大臣に、女性の稲田朋美さんが選ばれており、なんといいますか、


出来すぎてますよね(笑)


そう思いません?



もうねえ、何らかの「意思」が介在していた、としか思えませんね、私には。





防衛大臣に限らず、今作では女性キャラが大活躍です。




エヴァにありそうなカット(笑)




きりっとしてカッコイイですねえ。




ついでに(笑)





これからは女性の時代だ、ということを、暗に示しているのかも知れません。




こうしてみると、ゴジラが壊そうとしたものは古いシステムや考え方など、つまりは古い「時代」であり、そうして壊した後に、新しい「時代」を築こうとしていた、のかもしれない。


スクラップ&ビルドとは、まさしくゴジラがやろうとしていたこと、そのことを指していた


のかもしれない。




破壊と創造、死と再生。




やはり、ゴジラは【神】か。




まさに、【神・呉爾羅】















ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 閉店ガラガラ | トップ | 筋肉少女帯 「イワンのばか... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おかか)
2016-08-06 06:49:43
へ~、私観てないのですが、
・・・昨日次男から
「かあちゃんごめん、金がない・・・。」
とメールが来たのでお金を振り込んだら、
「金がないくせにゴジラを観てきた、怖かった。」
今回のゴジラは金より、かあちゃんより怖かったらしい・・・?!
Unknown (薫風亭奥大道)
2016-08-06 09:13:20
おかかさん、いい息子さんだあ~。
学生の頃の私にソックリ……(爆笑)
Unknown (美樹枝)
2016-08-06 15:09:27
ゴジ。観た者としましては、もぉぉ神のご介在が在ったとしか思えません(うるうる)           私事です。今日は長男の命日でしたので早朝、お墓掃除に行きました。終わったところで偶然元旦那さんと遭遇。彼の持参した花と線香を一緒に供え、穏やかな数分を持てました。さらに帰宅後、神棚と三本供養を終えたら、たまたま午前8時15分!TVの広島の皆さまと一緒に黙祷できました。 神業のように絶妙の時間運びでした~。  
Unknown (薫風亭奥大道)
2016-08-07 02:52:58
美樹枝さん、不思議なくらいにタイミングがピッタリ合うときって、ありますねえ。誰かが図ってくれたんじゃないかと思うくらいに、ハマるんですよねえ。ああいうときって、誰にともなくホントに感謝したくなります。普段から感謝しとけよ!(笑)
良い時を過ごされましたね。
Unknown (チャメゴン)
2016-08-07 22:34:53
【スクラップ&ビルド】ですか!
これからもし、自分の身に何か天災が襲ったとしても、スクラップ&ビルドを思い出して、神の介在があったのだと信じて、前向きに生きて行こう!!
しかも女性の時代だしね〜♪
カッコ悪くてもいい、良心に沿って生きていくのだ〜(^o^)
Unknown (薫風亭奥大道)
2016-08-08 06:05:23
チャメさん、塞翁が馬ですから。
頑張りましょ~。

コメントを投稿

ゴジラ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事