風の向くまま薫るまま

その日その時、感じたままに。

金田龍之介

2017-07-31 07:21:19 | 名バイプレーヤー










萬屋錦之介主演によるテレビ時代劇『子連れ狼』。昭和48年に第一部が放送され、昭和49年に第二部、昭和51年に第三部が製作され、その壮大な物語は、テレビ時代劇としては破格のものがありました。


幕府のCIAともいうべき「裏柳生」と、元公儀介錯人・拝一刀、大五郎親子との壮絶な死闘。まさに時代劇の歴史に残る名作だと断言しておきましょう。



裏柳生総帥・柳生烈堂(第一部高橋幸治、第二部西村晃、第三部佐藤慶)との対決も見どころですが、子連れ狼第三部には、テレビ時代劇市場最大の悪役が登場します。


その名は阿部頼母。通称を阿部怪異(かいい)といいます。



将軍の日々の食事の毒見をする御役、「将軍家御口唇(おくち)役」を代々務める旗本、阿部家の当主です。

その母親は頼母を出産する前から発狂しており、座敷牢の閉じ込められておりましたが、ある日牢を脱走し、連れ戻されたときに何者か分からぬ者の子を身ごもっていました。

頼母の父阿部監物(高品格)は世間体を思い、頼母を実子として育てますがそこに愛情はなく、頼母は幼少時より虐待を受け続けます。

その父からあらゆる毒の調合法を教え込まれた頼母は、その技を生かして両親を毒殺、阿部家の家督を継いだのです。



この阿部頼母を演じた方こそ、名脇役中の名脇役、金田龍之介さんでした。


原作に近づけるため、出っ歯の入れ歯をはめ、その恰幅の良い身体を生かしつつ、坊主頭に三白眼と、まさに「怪異」ぶりを熱演されており、金田さんの役者生涯で、最大の当たり役だったといっていいでしょう。


毒を調合するときに、なんか変な歌を歌うんですよね。♪こおろりこうろ~毒とろろ~♪とかなんとか(笑)、これが妙に可笑しかった。


侍としての誇りもなにもなく、ただ己の欲望のままに生きる。このエネルギッシュでどこか憎めない、ある種の哀れさすら感じされる、史上最高の悪役でした。




金田さんを見るたびに、阿部怪異を思い出したものです。あれほどの名悪役は、今後も出てくることはないんじゃないかな。




平成21年、満80歳で逝去。時代劇史上最大の悪役を演じられた、その役者人生に惜しみない拍手を送ります。



楽しませていただきました。ありがとうございました。





時代劇史上最大の悪役、阿部頼母。通称阿部怪異。

忘れないよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地主の話 | トップ | 夏祭り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (チャメゴン)
2017-07-31 23:29:29
金田龍之介さんの何の役だったのかは忘れましたが、存在感のあるユニークな役者さんでしたね。 お亡くなりになっていたなんて…。ご冥福をお祈りいたします。
Unknown (薫風亭奥大道)
2017-08-01 05:00:21
チャメさん、優しい役も怖い役も、なんでもできるかたでしたね。

コメントを投稿

名バイプレーヤー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。