人生を楽しむ!

徒然なるままに

子供は親の鏡(1)

2016-11-12 08:17:07 | 日記
子供の世界に虐めは多かれ少なかれある。

虐めた子の親は我が子の行動をありえないと否定する。
この親にしてこの子あり。

子供の考え方は親の考え方を映している。
なんでも吸収できる柔軟な子供の頭は親の考え方に影響を受ける。

我が家に車がなかった頃、隣の子が家内に言ったそうだ。
「車はないの? おばちゃんの家は貧乏なの?」
こんな話 両親の会話になければ子供が言うわけがない。

もちろん、私も反省している。
子供が高校生の頃、「あくせく働くのはバカ者。株で儲けるのが賢いやり方。」と言ったので唖然としたことがある。
バブル最盛期だった。
こんな世の中が子供にこんな事を言わせる。
困ったものだ。

しかしながら、企業戦士として経済最優先で行動していた私の考え方が少なからず子供に影響を与えていたのであろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会常識の無いお役所仕事 | トップ | トランプ勝利は不満分子の当... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事