人生を楽しむ!

徒然なるままに

トランプ勝利は不満分子の当然の結果

2016-11-12 08:40:38 | 政治・マスメディア
トランプ勝利は、自力ではなんともできない不満分子が現状に満足している人口を上回ったということであろう。

問題を解決するためには、もっと大きな問題を起こせばいい という冗談がある。
現状を変えたいが変えられない人たちにすれば、「何かが起こってほしい!」願望がある。
それにはトランプだ。

もう一つは、「本音」であろう。
「働かざる者 食うべからず」と私は思う。
しかしながら、この考え方は 生活貧困者の一部 を否定することになる。
日本国憲法に定めた基本的人権等々から見れば、トランプ発言と同じ考え方になる。

平等・不平等から言えば、機会平等・結果不平等 との考えを持っている。
しかしながら、「親に起因する 生まれながらに不平等」に対する回答はない。
会社員の頃、「人事考課は70%公平にできれば上出来」と考えていた。
100%はあり得ない。

トランプの言ったことの多くは実現できないであろう。
投票した人たちもわかっている。
それでも「何かが変わる」と期待している。
それが、その人にとって悪い方に変わることもある。

「もっと大きな問題」を起こしたのは紛れもない事実だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供は親の鏡(1) | トップ | 原発避難 いじめ »

コメントを投稿

政治・マスメディア」カテゴリの最新記事