Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第6番ヘ長調作品10の2を聴く

 | ベートーヴェンの室内楽曲および器楽曲
今回取り上げるのは1770年生まれのベートーヴェンが、
1796年から97年にかけて作曲した、
ピアノ・ソナタ第6番ヘ長調作品10の2である。
演奏はグレン・グールドのピアノによるものである。
第一楽章アレグロは、軽やかで明るい主題で始まる。
躍動感あふれる感じで奏でられた主題が展開され、
再現部で提示部の主題が繰り返され、最後は力強く終わる。
第二楽章アレグレットは、ゆったりとした旋律で始まる。
重々しい感じもあり、最後は穏やかに終わる。
第三楽章プレストは、明るく躍動的な旋律が奏でられる。
その旋律が変形されて展開されていきながら、
一気に駆け抜けていくようにして最後力強く終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルートヴィヒ・ヴァン・ベー... | トップ | ルートヴィヒ・ヴァン・ベー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ベートーヴェンの室内楽曲および器楽曲」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL