Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第9番ホ長調作品14の1を聴く

 | ベートーヴェンの室内楽曲および器楽曲
ここのところ卒業式までは忙しかったです。
加えてⅤリーグの補助役員としての仕事もあり多忙を極めました。
今回取り上げるのは1770年生まれのベートーヴェンが、
1797年から98年にかけて作曲したピアノ・ソナタ第9番ホ長調作品14の1である。
演奏はイェネー・ヤンドーのピアノによるものである。
第一楽章アレグロは、軽快で生き生きとした主題が奏でられて始まる。
もう一つの主題も優雅で明るい感じであり、
両主題が奏でられる提示部が繰り返される。
展開部を経て、二つの主題が繰り返され、最後は、明るい感じで終わる。
第二楽章アレグレットは、叙情的な旋律が奏でられて始まる。
複合三部形式による楽章で、中間部は厳かな感じを持っている。
再び冒頭の部分が繰り返されたあと、最後は穏やかに終わる。
第三楽章ロンド(アレグロ・コモド)は、ロンド形式で、
軽快な旋律が奏でられ始まり、最後は力強く終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルートヴィヒ・ヴァン・ベー... | トップ | ルートヴィヒ・ヴァン・ベー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL