Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

ハヴァーガル・ブライアンの4つの小品を聴く

 | ハヴァーガル・ブライアンの作品
今回取り上げるのは1876年生まれのブライアンが、
1920年に作曲した4つの小品である。
演奏はレイモンド・クラークのピアノによるものである。
第一曲アレグロは、力強く始まる。
ドビュッシーなどからの影響を感じる。
第二曲レント・トランクィロ・エ・センプレ・ルバートは、
高音部の2音の音型に低音部が呼応する形で始まる。
2音による音型をもとに高音部が変形していく。
第三曲アンダンテ・グラツィオーソは、
高音部と低音部が掛け合う形で始まる。
これもドビュッシー風である。
第四曲アンダンテ・トランクィロ・エ・センプレ・ルバートは、
神秘的な音型で始まり、高揚した部分と静かな部分を繰り返し、
盛り上がったあと、最後は神秘的に静かに終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハヴァーガル・ブライアンの... | トップ | ハヴァーガル・ブライアンの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL