Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

エリック・サティの「右と左にみえるもの(眼鏡なしで)」を聴く

 | 古典~現代音楽フランス編
今回取り上げるのは、1886年生まれのサティが、
1914年に作曲した「右と左にみえるもの(眼鏡なしで)」である。
今回聴いたCDはヤン=パスカル・トルトゥリエのヴァイオリン、
アルド・チッコリーニのピアノの演奏による。
ヴァイオリンとピアノによるこの短い作品は、
乾いたかのような透明感のあるピアノの音に、
ヴァイオリンの旋律が奏でられて始まる。
中間からはサティらしいおどけたような音楽と、
大胆奇抜な展開に面食らう感じになり、
予想を裏切るところで突然終わる。
さすがサティである。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エクトール・ベルリオーズの... | トップ | ジョルジュ・ビゼーの葬送行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL