Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの「日暮れに」作品108の2を聴く

 | ベートーヴェンの合唱曲および声楽曲
ここのところパソコンの調子が悪く、
ブログを書くこともなかなかできずお休みが続きました。
今は古いパソコンを取り出して原稿を書いているところです。
今回取り上げるのは1770年生まれのベートーヴェンが、
1815年から16年にかけて作曲した
25のスコットランド民謡による歌曲集から
「日暮れに」作品108の2である。
歌詞はサー・ウォルター・スコットによるものである。
演奏はリチャード・ソルターのバリトン、
ヘルムート・ドイチュのピアノ、
クリスティアン・アルテンブルガーのヴァイオリン、
ユリウス・ベルガーのチェロによるものである。
ピアノの奏でる前奏に続きバリトンが歌い、
それにチェロとヴァイオリンが絡んでいく。
イ短調による少し物悲しい感じの旋律で、
日暮れが近づく中での湖や丘、
木々など自然の情景をしみじみと歌っていく。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルートヴィヒ・ヴァン・ベー... | トップ | ルートヴィヒ・ヴァン・ベー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL