Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

アントン・ブルックナーの交響曲第0番ニ短調WAB100を聴く

 | アントン・ブルックナーの作品
今回取り上げるのは1824年生まれのブルックナーが、
1869年に作曲された交響曲第0番ニ短調WAB100である。
聴いたCDはダニエル・バレンボイム指揮、シカゴ交響楽団の演奏による。
第一楽章アレグロはソナタ形式で、オスティナート風の弦楽器の伴奏に乗り、
分散音型による第一主題が弦楽器によって示される。
そのあと弦楽器が奏でるゆったりとした第二主題、第三主題も示される。
穏やかな旋律が奏でられて始まり、金管楽器も加わり盛り上がる展開部を経て、
再現部は第一主題から始まり、コーダでは第一主題をもとに弦楽器が奏でていき、
金管楽器も加わり盛り上がりも見せ、華々しくも悲劇的な感じで終わる。
第ニ楽章アンダンテは、ソナタ形式で書かれている。
弦楽器中心にゆったりとした第一主題が奏でられ、これに木管楽器群が絡む。
そして、弦楽器が奏でる清らかな感じの第二主題も現れる。
甘美な旋律が弦楽器中心に現れ、木管楽器と絡む中で牧歌的な部分をみせる。
後半で弦楽器とホルンが絡み合うところや、
オーボエなど木管楽器と絡み合うところなど耽美的な部分がみられる。

第三楽章スケルツォは、三部形式で書かれている。
荒々しく軽快に始まるスケルツォ主題は若さに満ちている。
ブルックナーらしい要素がここには溢れている。
中間部トリオは対照的で、弦楽器中心に甘美な旋律が奏される。
これにフルートやオーボエなど木管楽器やホルンが絡んでいく。
再び冒頭のスケルツォ主題が繰り返され、最後堂々とした感じで終わる。
第四楽章フィナーレ:モデラートは、ソナタ形式で書かれている。
木管楽器と弦楽器がおだやかな旋律を奏でる序奏で始まる。
主部に入り、金管楽器が奏でる堂々とした第一主題が奏でられ、
とてもブルックナーらしい部分がみられフーガ風な部分をみせていく。
もうひとつは弦楽器が奏でる生き生きとした感じの第二主題である。
展開部でこれらの主題が対位法的な扱いをしながら展開され、
再現部を経て、最後主題が転調され、華やかな感じで堂々と終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アントン・ブルックナーの「アヴ... | トップ | アントン・ブルックナーの交響曲... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL