Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

アーッレ・メリカントのラルゴ・ミステリオーソを聴く

 | 古典~現代音楽北欧編
今回とりあげるのは1893年生まれのメリカントが、
1930年に作曲したラルゴ・ミステリオーソである。
今回聴いたCDは、レイフ・セーゲルスタム指揮、
フィンランド放送交響楽団の演奏による。
ピアノの奏でる神秘的な音型が繰り返されて始まり、
不協和音の管弦楽が絡み、弦楽器が抒情的な旋律を奏でていく。
幻想的な美しさを示しつつ、冒頭のピアノの音型が再び現れ、
繰り返されていく中で、最後穏やかに終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウリス・サッリネンの「シ... | トップ | ヨウニ・カイパイネンの夜明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古典~現代音楽北欧編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL