Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

レイナルド・アーンの「エグランティーヌ王子の夢」〜当惑したナイチンゲールよりを聴く

 | 古典~現代音楽フランス編
今回取り上げるのは、1875 年生まれのレイナルド・アーンが、
1902年から1910年にかけて作曲した当惑したナイチンゲール、
の中の1曲「エグランティーヌ王子の夢」である。
今回聴いたCDは、マグダ・タリアフェロのピアノ演奏によるもの。
レイナルド・アーンは、ベネズエラで生まれ、
フランスで活躍した作曲家である。
3歳の時にフランスに移住し、フランス国籍を得て、
11歳の時にパリ音楽院に入学し、作曲をマスネに学んだ。
「当惑したナイチンゲール」は4部で構成される
53曲によるピアノの連作集である。
ゆったりとした伴奏の音に乗って、
夢心地のようなうっとりとした旋律が奏でられる。
最後は静かにそして穏やかに終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロード・ベニーニュ・バル... | トップ | デオダ・ド・セヴラックのセ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL