Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

アウリス・サッリネンの「シャドウズ」作品52を聴く

 | 古典~現代音楽北欧編
今回とりあげるのは1935年生まれのサッリネンが、
1982年に作曲した「シャドウズ」作品52である。
副題がオーケストラのためのプレリュードである。
今回聴いたCDは、オッコ・カム指揮、
ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏による。
低弦が重々しく旋律を奏でて始まる。
それに他の弦楽器や打楽器、金管楽器も加わり、
荒々しい感じになり、行進曲風に曲は進行していき、
小太鼓が行進曲のリズムを奏でていくところは、
ニールセンの交響曲第5番の一部を感じさせる。
それが終わり中間部に現れる弦楽器が奏でる旋律は、
抒情的で甘美なところがあり、その部分が終わると、
最初の荒々しい部分や低弦による重々しい旋律が現れ、
最後は静かに消えていくように終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タウノ・マルッティネンのバ... | トップ | アーッレ・メリカントのラル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古典~現代音楽北欧編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL