Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

カレヴィ・アホの室内交響曲第2番を聴く

 | 古典~現代音楽北欧編
今回とりあげるのは1949年生まれのアホが、
1991年から1992年にかけて作曲した室内交響曲第2番である。
今回聴いたCDは、ステファン・アスバリー指揮、
タピオラ・シンフォニエッタの演奏による。
第一楽章は、弦楽器の吊り上がるような音で始まる。
荒々しい緊張した部分と静寂な部分が交互に現れ、
最後は重々しい音の中で、次の楽章にそのまま続く。
第二楽章は、穏やかな感じの旋律が奏でられ、
それが繰り返されたあと、低弦が荒々しい音を立て、
リズミックな動きをみせ、徐々に荒々しさをみせていく。
そのまま第三楽章フィリオーソ(熱狂的に)に入り、
堂々とした感じの旋律を奏でていき、やがて絡み合い、
盛り上がったあと、いったん静かになり、
ゆったりとしたテンポで弦楽器が旋律を奏で、
最後は静かに消え入るようにして終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨウニ・カイパイネンの夜明... | トップ | エリク・ベルイマンのドリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL