Mars&Jupiter

おおくぼっちの屋根裏部屋へようこそ!

ハーラル・セーヴェルーのヴァイオリンと管弦楽のためのロマンツァ作品23aを聴く

 | 古典~現代音楽北欧編
今回取り上げるのは、1897年生まれのセーヴェルーが、
1942年に作曲したロマンツァ作品23aである。
ヴァイオリンと管弦楽のための作品である。
今回聴いたCDはカトリーネ・ブヴァルプのヴァイオリン、
ウーレ・クリスチャン・ルード指揮、
スタヴァンゲル交響楽団の演奏による。
低弦の音に導かれ、弦楽器が旋律を奏でて始まり、
木管楽器が入った後、独奏ヴァイオリンが入り、
甘美な旋律を奏でていき、木管楽器が絡んでいく。
金管楽器も加わり、盛り上がる部分が繰り返される。
北欧的な牧歌的な部分と荒々しい部分が交互に現れ、
最後は独奏ヴァイオリンと弦楽器で静かに終わる。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒューゴ・アルヴェーンの「... | トップ | エイヴィン・グローヴェンの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古典~現代音楽北欧編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL