OPUS MAGNUM

音楽、映画、漫画、車、デジタル機器などなど…ネタがあれば随時記載~。

事件の全貌が明らかになるのはいつなのか

2012-10-18 15:43:20 | ニュース
兵庫県尼崎市の死体遺棄事件の被害者について、別のドラム缶コンクリート詰め事件で起訴された角田美代子被告(64)にごく近い関係者が「殺害された6人」として、具体的な名前を挙げていることが17日、捜査関係者への取材で分かった。
尼崎東署捜査本部は、証言の信ぴょう性は極めて高いとみており、不明者の全容が判明した。


連日報道されているにもかかわらず、未だに内容のよく分からない尼崎市の殺人事件。
登場人物の多さと構成の複雑さで何が起きていたのかさっぱりわかりません。

その中でわかっているのが、殺人が起こった事。
それが親族同士である事など。

親族同士の殺人というと、すぐに思い出すのが北九州の一家殺害事件。
内容は大きく違うのに、何故かこの事件を思い出す人が多いようです。

親族同士以外に共通点となり得そうなのが、マインドコントロールが行われていたのでは無いかと言う事。
尼崎市の方は全貌が明らかになっていないのでわかりませんが、どうやらマインドコントロールによって殺人が行われたと言われているようです。

マインドコントロールと言っても、催眠術とかとは違うのでしょう。
あまりの恐怖に順応するしかない極限状態へ追い込まれた…と言った方が良いのかもしれません。

北九州の事件は、電気ショックを与えられる事によって恐怖心を植え込み、次第に恐怖から逃れる道を選ばざるを得ない状態となっていたようです。
電気ショックって、マウスの実験などでも使われますが、かなりの恐怖心となるようですね。

今回の尼崎市事件は電気ショックの代わりに主犯格の恐喝が恐怖心を植え付けたようです。
60代の女と言う事ですが、電気ショックよりも凄い恐喝ができる事自体がすごいですね。

北九州事件の内容はとてつも無く凄まじく、吐き気を催すくらいの内容でした。
こんな事件が起こる何て信じられないほど…。
初めは単なる監禁事件打と思われたが、徐々にとんでもない事件と言う事が発覚しました。

尼崎市事件も今は殺害事件ですが、この先とんでもない内容が暴かれる可能性があります。
もちろん、今の時点でも犯罪史上に残る事件である事は確かでしょうが。

ちょっとドキドキはするものの、出来ればとんでもない事が起きていない事を望みますね。
すでに確認された被害者の皆さんに合掌。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Apple、23日に新商品発表会を... | トップ | iPod touch 5Gが欲しいのに »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
64歳の青春と映画と漫画とドラマと音楽と~ (村石太マン&謎の巡査&謎の同級生)
2012-10-27 14:45:24
美代子被告で プログ検索中です
映画 ドラマ 小説を どこか 思わせるような
現実の恐ろしい角田美代子被告の事件ですね。
事件と政治と~
事件研究会(名前検討中
コメントありがとうございます (オコ坊)
2012-10-28 09:18:25
>村石太マン&謎の巡査&謎の同級生さん
コメントありがとうございます。

とんでもない事件ですね。
早く事件の全貌を調べてもらいたいものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
面白い・・ (クルールラボ)
指揮者うまい王決定戦というコーナーやってる