OPUS MAGNUM

音楽、映画、漫画、車、デジタル機器などなど…ネタがあれば随時記載〜。

goo「子どもの頃に夢中で読んだ恐怖マンガ作家ランキング」

2011-06-29 18:50:39 | 書籍
gooランキング「子どもの頃に夢中で読んだ恐怖マンガ作家ランキング」という記事が記載されていました。
結果は予想通りのところもありました。
取り合えず、ランキング結果をどうぞ。

1位 楳図かずお
  『ママがこわい!』、『洗礼』、『漂流教室』、『神の左手悪魔の右手』

2位 つのだじろう
  『恐怖新聞』、『うしろの百太郎』

3位 古賀新一
  『エコエコアザラク』

4位 上野すばる
  『学校怪談』、『赤のカイン』

5位 稲垣みさお
  『リング』

6位 伊藤潤二
  『富江』、『うずまき』、『ギョ』

7位 犬木加奈子
  『不気田くん』シリーズ、『不思議のたたりちゃん』

8位 御茶漬海苔
  『惨劇館』、『TVO』

8位 菊川近子
  『百の眼が見ていた』

10位 高橋葉介
  『夢幻紳士』、『学校怪談』

10位 日野日出志
  『地獄の子守唄』、『地獄変』

12位 成毛厚子
  『闇からの誘い』

12位 山咲トオル
  『戦慄!!タコ少女』

14位 大橋 薫
  『くるぐる使い』、『口裂け少女さっちゃん』、『レミングの行方』、『セルロイド カーニバル』

15位 穂実あゆこ
  『人形師』

16位 丸尾末広
  『少女椿』

17位 神田森莉
  『脱力グリム童話』

17位 関よしみ
  『血を吸う教室』、『ウイルスの牙』、『マッドハウス』、『魔少女のおもちゃ箱』

19位 永久保貴一
  『オカルト少女 地獄ちゃん』

20位 高港基資
  『顔をみるな』、『女優霊』


1位は予想通りの楳図かずおでした。
やはりいつの時代も楳図先生の漫画は怖いのに読んでしまうものなのでしょうね。
個人的にも大好きですけど。

2位はつのだじろということで、こちらも解る気がします。
「恐怖新聞」など怖かったですからねぇ。

3位は「エコエコアザラク」の作者の古賀新一でした。
こちらも読んだことがありますが、結構怖かったです。

4位以降、半分くらいはわかりませんでした。
少女マンガ系の作家が多い気がしますね。

中には丸尾末広なども入っていますね。
確かに恐怖漫画にも近いですが、実際は鬼畜系のような…www。

ちなみに、小さい頃に読んで怖くて眠れなかったのは楳図かずお以外に10位に入っている日野日出志も怖かったです。
初めて読んだ時はあまりの怖さにしばらく食事もまともに食べられませんでしたからねぇ。

伊藤潤二も怖い漫画ですが、すでにホラー漫画が好きになってから読みましたので恐怖感は思ったほど無い…という感じもします。
怖さが楽しめるようになってからでしたからねぇ。

ちなみに、人間にとって時には恐怖心も必要なものなんですよね。
恐怖心があるからこそ、自分を守れるそうですからねぇ。
そんな恐怖心を養うためにも恐怖漫画は良いのでしょうね。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワイヤレスキーボードが欲しい | トップ | 新ライダーはヤンキー高校生の学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL