OPUS MAGNUM

音楽、映画、漫画、車、デジタル機器などなど…ネタがあれば随時記載~。

ソニー、無線で電力を借りられる特許を出願

2017-03-22 07:22:42 | ニュース
米国特許商標庁のサイトによると、ソニーが3月2日付けで「NFC(近距離無線通信)におけるデータと電力の送受信法」という特許を出願していることが明らかになった。
データ用と電力用の2種のアンテナを持った電気製品において、相互に通信しながら供給する電力を制御するというもの。
出願特許にはモバイル同士で電力をやり取りしている図が含まれており、将来的には「友人のスマートフォンから無線で電力を借りる」ということが可能になるかもしれない。


ソニーがNFCを利用して電力の送受信を行う技術で特許を出願しているそうです。
これが可能になれば近くで電力のやりとりが出来るそうですが。
本当なんですかね?

去年の年末に発売されたUBISOFTの「WATCH_DOGS2」というゲームでは、主人公がハッキングでスマホのバッテリーを盗める機能がありました。
主人公は天才ハッカーで、個人データを盗みとるだけではなくバッテリーまで盗めるなんて、いかにもゲームらしい…なんて思っていましたが。
まさか、本当にバッテリーをやり取りできるようになるなんて。

ちなみに、この電力のやりとりは双方向で行うので盗み取られる心配はないそうです。
って、そんな事を信じられるのでしょうかね?
ゲームみたいにバッテリーが盗まれる事も考えられると思いますが。

ただし、この電力のやりとりがどれくらいの時間で終わるのか。
一瞬にしてバッテリーの1割くらいを受け渡すことが可能なのでしょうか?
それとも、何分かかけてじわじわ送るのでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CMを知らない子供たち?!

2017-03-21 11:54:45 | ニュース
Netflixしか利用していない家庭の子どもの82%は、テレビCMが何なのかを理解していないという調査結果が海外で発表された。
調査では、一般的なテレビを観ている家庭の子どもと、Netflixだけを視聴している家庭の子どものグループに分け、それぞれについてCMとは何かを尋ねたところ、前者では知らないと答えたのが38%だったのに対し、後者では82%と、2倍以上にも及んだという。
ただ、「CM」という尋ね方がやや曖昧であるという指摘もある。


インターネット配信動画サイトを利用している家庭ではCMを知らないと答えた子供が8割以上だそうです。
それはそれで驚きかも知れませんが、それよりも、一般的なテレビ放送の家でも3割以上という方が驚きですね。
そんなに知らないもの?!

この調査自体が怪しい感じはしますけどね。
CMってなんだか知っている?って聞かれたら戸惑うと思いますし。
一度も言葉を聞いたことないって人はそうそういないと思いますが。

まぁ、これは良く言うステマってヤツでしょうね。
CM=邪魔者扱いという見方から、インターネット配信動画サービスはCM無しで見られる便利さを伝えたいのでしょう。
何せ、CMという存在を知らない子供が居るくらいですから!って言いたいのでしょう。

でも、CMってテレビ放送だけの話じゃないですよね?
webを見てても出ると思いますし。
言葉だけなら学校でも教えてもらうでしょう。

さらに言うと、友達が居ればそう言う話くらいは出るのではないでしょうかね?
テレビ放送の話しやCMの話とか。
まさか、この調査対象の子供は友達同士の繋がりも少ない結果が浮き彫りにされた暗い内容なのでしょうか?!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソニー、PlayStation3の出荷終了へ

2017-03-20 22:20:05 | ゲーム
ソニーが据え置きゲーム機「PlayStation3」の出荷を3月末で終了する。
2006年11月に発売されて以降、10年以上に渡って販売され続けてきた。
世界の出荷台数は2013年で8,000万台を越えていた。


PS3が出荷を終了するそうです。
10年以上出荷されていたとはすごいですね。
まだ売れていたのでしょうか?

PS3と言えば、発売当初は色々と話題がありましたね。
社長の件とか有名になった言葉とか。
今となっては良き思い出…でしょうか。

後継機となったPS4は2013年に発売。
その間に8,000万台も売れたそうです。
結構売れたのですね。

と思ったのですが、世界でもっとも売れたゲーム機のランクで行くと7位。
もっとも売れたゲーム機の1位はPlayStation2の1億5千万台以上。
そう考えると、前機種の半分しか売れなかったことになるですかね。

さらに、初代のPlayStationも1億台以上売れています。
PS4は3年半で5千万台以上売れています。
このままの推移で行けば1億台突破も考えられるので、PS3がシリーズ最下位になってしまうかも?!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 第23話「極限のdead or alive!」

2017-03-19 14:21:26 | 特撮
今回は第23話「極限のdead or alive!」
ストーリーは仮面ライダーエグゼイド 第23話「極限のdead or alive!」で!


今回はエグゼイドがレベル99に変身。
そのスタイルは何ともゴテゴテな見た目。
これでライダーと言えるの?

なんか、完全に戦隊モノの見た目。
しかも胸に大きな目があるのでかなりゆるい感じの戦隊モノっぽいですね。
ロボなんちゃらとか言うタイトルがつくそうな。

それにしても、これでライダーなのでしょうかね?
こんなスタイルじゃあバイクに乗れない気がしますが。
まぁ、乗らないですけど。

レベル99は上限なんですかね?
さらにレベルアップしたらもっとゴテゴテなスタイルになるのでしょうか?
もうレベルアップしないのでしょうか?
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

シャープ、今後はIoT企業を目指す

2017-03-18 08:17:27 | ゲーム
シャープの戴正呉社長は、2017年3月13日、大阪府堺市の同社本社において記者会見を行ない、「人に寄り添うIoT企業を目指す」と語った。
IoTを原動力とし、スマートホーム、スマートオフィス、スマートファクトリー、スマートシティを対象にビジネスを成長させる。
また、シャープの液晶テレビは無くなる可能性があるとも述べた。


日本の大手家電メーカーであるシャープが家電を捨ててIoT企業を目指すそうです。
ターゲットも一般ユーザから企業向けサービスに切り替えようとしているようですが。
勝算はあるのでしょうかね。

年々、日本の家電メーカーは売り上げが伸びずに縮小傾向でした。
更にこのところは存続すら危うい企業も増えています。
泣く泣く事業を売り出す企業も少なくないですし。

シャープもそのうちの一つですね。
すでに持ち株の2/3を台湾の企業に売っていて外資傘下の企業になっていますし。
得意分野の液晶パネルも技術提供しているようですし。

そんなシャープが生まれ変わってIoT企業を目指すそうです。
具体的なイメージが湧かないのですが。
何をしたいのでしょうかね?

まぁ、家電に対する技術開発は飽和状態なのでしょうかね。
大手じゃなくてもそこそこな家電は開発販売出来る時代なのでしょう。
それでいて安価で売れる時代。

そんな時代に大手が家電を作っていても採算が合わない?
だったら、時代の最先端で技術を駆使したほうが良い?
その結果がIoT?

まぁ、わからないでもないですが。
ただ、シャープと言えば、過去には電子レンジをネットに繋いでレシピをダウンロードとかやっていましたからねぇ。
まさにIoTの先駆けですが、ちょっと的外れ?

どうもIoTでアイデアを出そうとすると、余分なものまでとりあえずネットに繋げてみましょうって案が多い気がしますが。
まるで昔に何でも自動化、ロボット化を目指そうとした案のように。
歯磨きを自動化してくれてる「歯磨きロボ!」とかw

今後シャープがどんなサービスを提供していくかわかりませんが。
でも、IoT有りきで案を出しても良いものができない気がします。
経営を失敗している企業だけに不安がありますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PS4ゲームがPlayStation Now対応

2017-03-17 13:03:03 | ゲーム
ソニーが運営するクラウドサービス「PlayStation Now」がPS4ゲームに対応を予定している。
2017年中に開始を予定しているが、日本での展開予定は明らかになっていない。
なお、日本国内向けのPC版PlayStation Nowクライアントアプリケーションは3月21日にリリースが予定されている。


PS NowにPS4のゲームが対応する予定だそうです。
これならPS4を買わなくても良くなるって事ですかね。
そこそこのスペックがあるPCと通信回線があれば良いという事ですし。

まぁ、ガッツリゲームを楽しみたい人だったらPS4を買った方が安上がりでしょうね。
あの値段であれくらいのゲームが出来るのは素晴らしいですし。
同じくらいのゲームをPCで遊ぶにはお金がかかるでしょうし。

ただ、PS Nowは定額サービスのようですからねぇ。
1つや2つ遊びたいくらいならちょっと高くつくかもしれません。
それでも月額料金は1つのゲームを買うより安いでしょうけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2020年の4K/8Kテレビ市場の中心は中国

2017-03-16 14:43:02 | ニュース
調査会社のIHSマークイット(IHS Markit)は英国時間の8日、4K/8Kの高精細テレビ市場動向に関する分析白書「4K TV and UHD: The Whole Picture」を無料公開した。
地域ごとの4Kテレビ出荷台数予測などを元に、2020年にかけて4K/8Kテレビは中国市場が中心になるとの見方を示している。
日本については、メーカーは4K製品への移行に積極的なものの、4K解像度には小さすぎる画面サイズを選ぶ消費者によって国内出荷台数は伸び悩むだろうとしている。


2020年の4K/8Kテレビ普及予想が発表されているようです。
4K/8Kテレビ市場の中心となっているのは中国だそうです。
反面、日本の普及は伸び悩むそうですが。

2020年と言えば東京オリンピックの年なので一気に普及する可能性がありますね。
まぁ、今普及していないのは4K/8Kテレビの放送が始まっていないからですし。
しかも、今買っても4K/8K放送に対応しないし。

とは言っても、日本は小さいテレビを選ぶ傾向にある事は避けられない事実。
日本の住宅事情から大型テレビは設置しづらいでしょうからねぇ。
どうしても小さいテレビになってしまう。

しかし、4K解像度に合うテレビって何インチからなのでしょうかね?
小さいテレビを選ぶって言っても、最近は30インチ前後が普通ではないのでしょうか?
40インチ前後はちょっと大きい気がしますが。

中国が中心となる理由は例の爆買いからでしょうかね。
あーいう人たちがボンボン買って行くので市場も傾くのでしょう。
良い意味でも悪い意味でも。

オリンピックイヤーにはテレビが売れるという傾向から、2020年もテレビの売れ行きは良いでしょうね。
テレビ離れが加速する日本でも、さすがに自分たちの国で行われているオリンピックに興味がない人は少ないでしょうし。
まぁ、大きなテレビが選ばれるかはわかりませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Nintendo Switchの初週全世界販売台数は150万台

2017-03-15 07:38:09 | ゲーム
調査会社のSuperDataは、3月3日に発売を開始したNintendo Switchの販売台数を発表した。
販売台数は全世界で150台で、日本は36万台が販売された。
任天堂は3月末までに200万台のSwitchを販売する目標を掲げており、これらの数値は順調に目標に向かっていることを示唆している。


任天堂のNintendo Switchがすでに150台販売されたようです。
このデータは発売から1週間の台数だそうで、まだまだ販売台数を伸ばしそうですね。
目標は3月末までに200万台だそうです。

目標達成のためには安定して出荷してもらう事でしょうね。
まだ在庫がないところが多いですし。
品があれば売れるでしょう。

個人的にも欲しいとは思っていますが、気になるのは不具合報告があるという事。
ブルスクリーンとかコントローラの接続不良とか。
どちらもゲーム機としては致命的ですからねぇ。

また、この先ドック無しの単体が発売されるかも気になるところ。
ドックのみは販売が決まっているようですが。
本体のみ単体の発売は発表されていない気がします。

ドックは一家に一台あれば良いですからねぇ。
本体は家族の人数分有っても良いでしょうし。
というか、対戦もののゲームなら一人一台無いと出来ないですし。

ちなみに、ドック単体が8千円くらいだったので、本体のみは2万円くらいでしょうかね?
税抜きで2万円を切るくらいならうれしいです。
出荷数が安定して、さらに本体のみの単体売りしてもらえればもっと販売台数が伸びるでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PS VRが3月25日から追加販売

2017-03-14 07:44:19 | ゲーム
品薄状態が続いている「PlayStation VR」の追加販売が、一部の店舗や通販サイトで3月25日から行なわれる。
店舗はヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機などで、通販サイトはソニーストア、Amazon.co.jp、ヨドバシ・ドット・コム、ビックカメラ.comなど。
詳細はPS VRの公式サイトに掲載されている。


またまたPS VRが追加販売をするそうです。
以前は2月末に行われたので徐々に増産出来るようになってきたのでしょうかね。
まぁ、色々と怪しいところはありますが。

とりあえず、出せば売れる、作れば売り切れる状態のPS VR。
生産が追いつかないと言っているものの、発売から半年経ってもまともに解消されない生産率。
まぁ、なんとも殿様商売なやり口ですが。

ただ、ここに来てちょっとペースアップ。
前回の追加販売が2月末に行われたので、次回は1ヶ月ペースでの追加。
これはPS VRの生産率が上がったのか?、生産率を上げたのか?

「上がった」というと努力をした感じですが、「上げた」というと抑えていたものを開放した感じですね。
実際にどういうことが起きたのかわかりませんが。
でも、1ヶ月で追加販売が可能になったという事は何かあったのでしょう。

推測するのは、Nintendo Switchの販売に関係がありそうな気がします。
Switchが大人気で、PS VR購入希望者がSwitch購入へ流れそうな雰囲気なので何とか食い止めようとしている気がします。
Switchも品切れ続出で大人気ですが、今月半ばには入荷するようですし。

冷静に考えると、確かにPS VRはゲーム機として今までにない体験ができるでしょう。
目の前に広がる仮想現実の世界。
楽しそうですね。

しかし、長くやっていると飽きてしまう気がしますけどね。
最初のうちはワイワイ言いながら遊ぶと思います。
見たことのない世界って感じでしょうし。

でも、徐々に飽きが来てしまうのでしょう。
さらに、ゴーグルの装着も面倒になってしまって。
気付いたら普通のゲームに没頭してしまうとか。

個人的には、やっぱりゴーグルの装着がネックになる気がしますね。
メガネくらいの大きさなら良いですが。
触ったことがないのでわかりませんが、そこそこ重たそうですし。

遊んだら面白いでしょうけど、自分で買うほどではないって思う人も少なくないはず。
友達の誰かが持っていれば良いかな?程度。
そのお金があるならSwitchの方が良い…とか。

そう考えそうなところへ、追い打ちをかけるようにPS VRは在庫切れで購入出来ない。
半年経っても購入出来ない。
どうせ待っていてもずっと購入出来ない。

まぁ、流れるよね。
はっきり言ってPS VRは流行りに乗って勢いで買うくらいのゲーム機でしょうから。
飽きる人はすぐに飽きるでしょうし。

3月25日の追加販売時にはSwitchも販売されてそうですからねぇ。
PS VRの売れ行きにどう影響するか。
とは言っても、転売ヤーは気にせず買うのでしょうけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バージョンアップしないと危険度の高いソフトウェアを発表

2017-03-13 11:44:51 | ニュース
フレクセラ・ソフトウェア合同会社は、インストールされたソフトウェアの脆弱性スキャンを行う「Personal Software Inspector」の2016年第4四半期のデータに基づいた国別の脆弱性調査結果を発表した。
脆弱性数に占める原因の割合は、Windows OSが32%となっていて、OS以外ではMicrosoftのソフトウェアが25%、それ以外のベンダーのソフトウェアが43%を占めている。
最新版がインストールされておらず危険度が高いアプリは「iTunes 12.x」がトップで、その他に「Java JRE 1.8.x/8.x」、「Lhaplus 1.x」があげられている。


ソフトウェアの脆弱性を調べた結果が発表されたようです。
Microsoftのソフトが多いのは仕方がないとして、次いで脆弱性が高いソフトとしてiTunesがあがっているとは…。
セキュリティに強いと自負しているAppleのはずなのにね。

Appleが、OSとしてMacはセキュリティに強いみたいな事を言っていたはずですが。
もちろん、それってMacのシェアが少なかったのでマルウェアを作る人も少なかったというカラクリだとは思いますけどね。
今はそこそこ居るので狙われていると思いますが。

それを証明してしまうような結果となったのが今回の発表という気がしますね。
本当にMacがセキュリティに強いというのなら、Apple名義で出しているiTunesも脆弱性は低いはずですし。
まぁ、脆弱性ゼロとはいかなくても。

ちなみに、脆弱性が高かったのはiTunesのWin版、Mac版の両方なのでしょうか?
どちらか片方というのならちょっと不思議ですからねぇ。
やっぱり両方なのでしょうかね?

それにしても、iTunesはバージョンアップごとに使い辛くなるのをなんとかしてくれないですかね?
この前、散々悩んだのが動画ファイルの一覧を出す方法。
デフォルトでは登録しても出なかった気がしますし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総務省、平成30年12月に開始される4K/8K放送について勧告

2017-03-11 08:00:46 | ニュース
総務省が平成30年12月から実用放送が開始される
4K/8K放送は現在市販されている4Kテレビの視聴ができない事を発表している。
実用放送開始には別途外付けチューナー等の機器が必要。
視聴ができない事に関しては去年6月に発表されていたが、今年1月に詳細が決定したため改めて勧告されている。


総務省が現在の4Kテレビについて勧告を出しているようです。
来年末に開始予定の4K/8K放送は視聴できないという事ですが。
まぁ、仕方がないでしょうね。

去年からこの問題はあがっていましたが。
それでも知ってか知らずか4Kテレビは売れているようですねぇ。
まぁ、知らない人の方がが多いと思いますけど。

既に買ってしまった人は、4KのPCディスプレイにすればいいでしょう。
もしくは、4KのBD視聴用ディスプレイ。
youtubeなどのネット機能で4Kが使えるならそれ用に。

新しい放送規格は興味ないので読んでいませんが、噂では4K/8K放送は録画禁止になるようですからねぇ。
もちろん、タイムシフトも出来ないようになるそうです。

それならyoutubeで見るって言いそうですが、youtubeに上がるその大元も出来なくなりますからねぇ。
youtubeに上がることもなくなるのでしょう。
テレビを撮影した動画が上がったりするかも知れませんが。

多分、規格を考えた側では「録画禁止にすればリアルタイムに見るしかないからテレビ離れや視聴率低迷から打破できるだろう」とでも考えているのでしょう。
でも個人的には、録画禁止にする事によってテレビ離れは一気に拍車がかかる気がしますね。
4K/8Kテレビ自体が売れなくなる気もします。

録画されるとデメリットばかりと考えているようですが、実際はメリットもあると思いますけどね。
デメリットとしては、コンテンツのメディア化したものが売れなくなると思っているのでしょう。
まぁ、録画されたものがあれば買う必要がありませんからねぇ。

でも、実はメリットもあって、youtubeなどに上がれば宣伝になりますからねぇ。
youtubeで見て、面白ければ放送を見るでしょうし。
もちろん、面白くなければダメですけど。

録画禁止に関しては目先の欲ばかり考えている気がしますね。
もっと他の理由があるのかも知れませんが。
って、何かあるのでしょうかね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

氷点下でも動作可能な安全かつ急速充電可能で長寿命の固体バッテリ開発

2017-03-10 10:58:53 | ニュース
米テキサス大学は2月28日、従来のバッテリよりも高性能な新固体電池を開発したと発表した。
これはリチウムイオンバッテリの共同開発者である、John Goodenough教授率いる研究チームが開発したもので、従来のバッテリと比較してより安全かつ高速に充電可能で長寿命なバッテリの実現に繋がるものであるとしている。
新固体バッテリセルは、現在のリチウムイオンバッテリ比で少なくとも3倍のエネルギー密度を有することを実証しており、充電レートも数時間単位から数分単位へと高速化が可能になるとしている。


テキサスの大学で今のバッテリよりも良いバッテリが開発されたようです。
安全かつ高速という事ですが。
高速というのは充電時間のことのようですね。

充電時間が数時間単位から数分単位になるそうです。
とは言っても、3倍ですからねぇ。
120分が80分になるくらいでしょうかね?

この辺は表現次第ですが、数分と数十分では違いがありますからねぇ。
本当に数分だったら嬉しいですけど。
5分で充電できたら出かける前にサッと充電完了させられますし。

安全に関しては色々な使用をしてみないとわかりませんね。
意外な動作で爆発するかも知れませんし。
爆発以外にも何が起きるかわかりませんし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルウェアスパムの標的となった国、日本が世界第2位

2017-03-09 05:56:25 | ニュース
Kaspersky Labのエキスパートが2016年のスパムメールとフィッシングの動向について分析し、2016年のマルウェア付きスパムメールの中で最も多かったのは標的のデバイスにランサムウェアをダウンロードさせるダウンローダー型のトロイの木馬だった。
マルウェア付きスパムメールの標的となった国は、昨年はトップ10圏外だった日本が第2位となった。
また、2016年の1年間にスパムメールがメールトラフィック全体の58.31%を占め、前年比3.03%増加した。


日本がスパムメールの標的世界第2位だそうです。
圏外からいきなり第2位だそうです。
嫌な第2位ですね。

ちなみに、標的第1位はドイツで、前年と変わらず。
また、発信元の第1位はアメリカ。
以降、ベトナム、インドと続くそうです。

さらに、そのスパムメールがメールのトラフィックを半分以上占めているそうです。
届くだけじゃなく、ネット全体にも迷惑をかけているんですね。
なんとかならないのでしょうか。

まぁ、対策をしてもイタチごっこだとは思いますが。
それにしても、スパムメールを送る側って何かメリットはあるのでしょうかね?
損得じゃないかも知れませんが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマト運輸 27年ぶりに値上げの方向で検討

2017-03-08 07:52:26 | ニュース
宅配最大手のヤマト運輸はネット通販による荷物の増加や人手不足でサービスの維持が困難になっているとして、宅配便の料金体系を見直し、今年の秋にも個人が送る小口の荷物も含めて27年ぶりに全面的に値上げする方向で検討に入った。
ネット通販の拡大などのほか、外部に配達を委託する費用が膨らみサービスの維持が困難になっているとしている。
値上げの幅はまだ決まっていない。


ヤマト運輸が今秋にも送料の値上げを検討しているそうです。
具体的には決まっていないようですが。
値上げ、もしくはサービスの見直しになるそうです。

案として送料の値上げ以外に、再配送の有料化や指定時間の一部取りやめがあるそうです。
値上げも嫌ですが、再配送が有料化するのは嫌ですね。
再配送がどれくらいの価格になるかわかりませんが。

もしも再配送が有料化するのなら時間指定を細かくさせて欲しいですよね。
時間指定はだいたい2時間くらいの単位で指定できるだけですし。
指定してしまうと2時間何処へも出られませんし。

一人暮らしの場合はタイミングが悪いとトイレに行っていて出られないこととかもありますし。
まぁ、滅多にないかも知れませんが。
お風呂などならあり得るでしょうけど。

原因としてはネット通販大手のAmazonが送料無料サービスを行ったからと言われていますが。
まぁ確かに、送料無料とか言われると近くで買えるものもネット通販で買ってしまうことがありますけどねぇ。
本などは特に…。

ただ、送料無料と言っても、その分の料金はヤマト運輸に入らないわけではないでしょうからねぇ。
ネット通販サイトが払っているでしょうし。
商品の値段に含んでいるのでしょうから。

思うに、Amazonがヤマト運輸のような宅配サービスを自社で運営したら良いのではないでしょうかね?
人件費やコストの削減を徹底すればヤマト運輸よりも安く運営できるかも知れませんし。
結局、委託するだけではダメでしょうけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイバーガジェット、サーバダウンで「セーブエディター(PS4用)」が使えず

2017-03-07 17:25:35 | ゲーム
サイバーガジェットから3月6日に発売されたツール「セーブエディター(PS4用)」でアクティベーションが出来ずに利用できないという問題が発生している。
原因はアクティベーションを行うサーバへのアクセスが集中した事によるものと、同社のオフィシャルTwitterアカウントで謝罪コメントが出されている。
この商品はセーブデータを良い状態に書き換えるチートツールのPS4用。


サイバーガジェットから発売されたPS4用の「セーブエディター」でサーバダウンが発生して使用できないようです。
昨日3月6日は発売当日とあってアクセスが集中したようですが。
そんなサーバで大丈夫でしょうかね?

というか、そんなに多くの人がセーブデータを改ざんしたいと思っているのでしょうかね?
まぁ、Amazonでベストセラーになっていたようなのでそれなりに売れているのでしょうけど。
それでサーバダウンするなんて。

この件に関してはサーバがダウンした事に批判が集中しそうですが、個人的には、使用者の多さに批判的になりますね。
そんなに楽してゲームのデータを最高の状態にして何が楽しいのか…。
それならいっそ、クリアデータに書き換えちゃえばいいと思いますが。

ゲームは苦労してナンボの世界って気がしますからねぇ。
その苦労をしたくないならそのゲームはやらない方が良いでしょうし。
最初から楽なゲームを選んで遊べばいい。

この辺の対応はゲーム機メーカー側が行うのどこもしょうかね?
それともゲームメーカー側が行うのでしょうか?
まぁ、さらに対応してきてイタチごっこかも知れませんが。

何れにしても何らかの対応を行わないと歯止めが効かなくなりそうですね。
マルチプレイで使われたら最悪ですし。
使わないと絶対勝てないとか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加