OPUS MAGNUM

音楽、映画、漫画、車、デジタル機器などなど…ネタがあれば随時記載~。

漫画「AKIRA」

2017-01-21 15:26:25 | 書籍
先日、ちょっと時間がある時に偶然読んだ漫画「AKIRA」。
面白すぎて一気に読んでしまったのですが。
購入時に読んでから時間を空けて再度読み返してみると新たな思いがあったので感想を。

漫画「AKIRA」は大友克洋のSF漫画。
言わずと知れた日本を代表する漫画家の大友克洋が描く長編漫画ですね。
1983年から1990年まで漫画雑誌に連載されていました。

まぁ、ストーリーやウンチクは色々なところで語られているので今さら必要ないでしょう。
強いて付け加えるなら、連載開始が1983年と30年以上前なのに、偶然の一致で2020年の東京オリンピックを予言している凄さですね。
まさか、的中するとはねぇ。

で、そろそろ漫画「AKIRA」の本編となった年が近付いて来たということですが。
アキラみたいな展開はあり得る?
まぁ、その前に1983年に爆発が起きないとストーリーに沿わないのでしょうけど。

東京オリンピックは的中したものも、それ以外はやはり1980年代に考えられる技術のみですね。
ネットワークは普及していませんし、カメラもフィルムのままでした。
まぁ、仕方がありませんが。

もちろん、そう言ったものがあったとしてもストーリー展開は変わらない内容なところが素晴らしいですよね。
ケータイあったらそんなの楽勝だよね!みたいなところとかありませんし。
ネットワーク機器があっても然りでしょう。

とにかく、この漫画はスピード感があって楽しい!
え?!で?!どうなるの?!って感じで読み進めて行くと、あっという間に読めちゃう。
というか、読んじゃう。

別に字が少なくてパラパラ読み進められるってわけではありません。
しっかりと字を読んで物語を把握していかないと、途中で意味がわからなくなると思いますし。
まぁ、わからない場合は絵の雰囲気だけで楽しめば良いのかも知れませんが。

そう、絵だけ見ても楽しいかもしれませんね。
細かなところまでしっかり描かれていますし。
だから、大型の本で出ているのでしょうか。

ただ、やっぱりストーリーもしっかり把握して行く方が良いのは当たり前でしょうね。
なかなか考えさせられるストーリーですし。
背景まで考えて理解した方が更に楽しめるでしょう。

で、「AKIRA」の面白いとことは、当時から見たら「近未来」である事と、その未来が荒廃してしまうところ。
荒廃してしまった世界を描く映画とかゲームとか大好きなんですよねぇ。
その中で、善と悪が生まれているところとか。

余談ですが、ゲーム「Fallout4」も核戦争後の荒廃した世界が舞台となっています。
あのゲームはアメリカで核戦争が起きた設定で、至る所に実在する建築物に似たものが出てます。
リアリティがあるところが面白いですね。

「AKIRA」はもちろん日本が舞台なので元々リアリティは感じていましたが。
でも、2020年の東京オリンピック開催となった今はさらにリアリティが増しましたね。
もしかしたら…とかww

あと、実は国が秘密裏にあの手の能力を引き出す人体実験を行なっているのではないか?!という事も。
本編では強調されていないものの、いわゆる「超能力」ってヤツですよね。
サイコキネシスだのテレポーテーションだの。

時代背景から行くと、その手の話しがチヤホヤされた時代ではあったのでしょうね。
超能力者などが出てくる色々なSF作品の原点が1980年代辺りに多い気がしますし。
もちろん、それ以前やその後も題材にした作品はありますが。

また、この漫画の魅力は絶妙な不気味さ。
超能力という不気味さもあるが、更にその能力を引き出すのが薬であるというところ。
本編内でその薬は市販薬で十分作れると言っていますが。

もちろん薬といえば、治療という良い事に使われるイメージがあります。
反面、麻薬など、悪い事に使われるものも存在します。
要するに、薬は諸刃の剣であるという事でしょう。

登場する薬は幻覚剤の様なものですが、それを飲む事によって能力を引き出す可能性があるという設定です。
そんな謎の薬が終始出て来て物語が展開して行くのですが。
成分や具体的な現象がわからないだけに不気味さを感じますね。

あとは、あまり強くはない島鉄雄の変貌ぶりですね。
あんなに変わっちゃうものなんですね。
まぁ、漫画の世界ですけど。

なんか、犯罪者のプロファイルを見ているような展開っぽく感じましたね。
つい道を踏み間違えて悪に染まっていってしまった…って感じ。
よくあるパターンですね。

鉄雄の場合は、過去にいつも金田に負けていたというフラストレーションが爆発した感じですかね。
まぁ、この手の原因が原動力となった大事件は多くありますからねぇ。
加害者側としてはいじめとか悪気は無いのでしょうけど。

更に不気味なのは、キャラの描画でしょうか。
26号などの能力者たちが子供の背丈なのに老人のような容姿であるところなど。
見るからに不気味ですよね。

38年前から時を経てあの容姿になったという設定でしょうけど。
あれが普通に5、60の初老キャラだったら不気味さが半減するでしょうね。
まぁ、普通に5、60の人が子供部屋みたいなところに隔離されていたら別の意味で不気味だけど。

そして、最後について。
まぁ、あの終わり方には賛否両論でしょうね。
ドンデン返しというか。

エンディングの捉え方は人それぞれ色々あるでしょうね。
多くの人は「未来への自立」を意味しているのでは?という捉え方をするのではないかと思います。
そして、残された人達で復興するのでしょう。

まぁ、疾走感のあるストーリー展開で最後にピリオドを打つとしたらどんな展開が良いのか迷うでしょうね。
アキラは居なくなりました♪チャンチャンでも良いでしょうけど。
それでもハッピーエンドでしょうし。

でもやっぱり、物語が展開しているところまでしっかり描いてくれた方が嬉しいですよね。
かといって、「1年後…」とか見せられても微妙でしょう。
一気に復興して元通りとか。

あと、あの金田が政府や大人の言う事を聞いているってのもおかしな話でしょうし。
思うがままに生きていて欲しいですしね。
せっかく、死なないでハッピーエンドなんですし。

ただ、ちょっと気になるのは、時の流れが掴み辛かったところ。
爆発が収まってから海外支援部隊が到着するまでにどれくらいの時間があったのでしょうか?
直後に来たわけじゃないですよね?

理由としては、「大東京帝国AKIRA」が出来上がるまでに時間が欲しいのではないか?って事。
もちろん、ミヤコ派と帝国派はどちらもトップを失っている状況なので、リーダー格が居れば直ぐにまとめられそうですけど。
そんな中で「人気者」の金田であればまとめるのは簡単でしょう。

でも、その時の流れを矛盾させそうな一言が。
爆発が収まってからケイが海を見て「見て」って一言を言ってます。
その後にカニなども描かれているので、ネオ東京が海に沈んでいるのは確かでしょう。

まぁ、その辺の矛盾はあまり考えない方が良いのでしょうかね。
もしくは、そのシーンの展開で別の捉え方があったら教えて欲しいです。
もちろん、作者の意図するもので無くても良いです。

ついでに言わせて貰うと、海外で実写映画化の話が出ているようですが、絶対にやめてもらいたいです。
あの漫画は日本だからこそ面白いと思いますし。
30過ぎのおっさんが金田役なんてとんでもなさ過ぎる。

更に、東京オリンピックを目前とした今だからこそ、実写化するなら日本舞台でやるべきでしょう。
まぁ、忠実にやり過ぎて映像がショボくなるのがオチかもしれませんが。
鉄雄の巨大化とか、バリバリCG感アリアリでカッコ悪そうですし。

個人的には、映画化するくらいならゲーム化の方が嬉しいですね。
最近の映像技術なら良さげな演出ができそうですし。
最悪の場合は、アニメ調でゲーム化でも良いので、オープンワールドでネオ東京や大東京帝国を歩き回りたい。

絶賛される反面、批判されるところもあるようですが、個人的にはいつ読んでも面白い漫画だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

任天堂、スマホゲーム2作目で「ガチャ」導入

2017-01-20 07:10:40 | ゲーム
任天堂は19日、本格的なスマートフォン向けゲームの2作目「ファイアーエムブレムヒーローズ」の配信を2月2日に世界39カ国で配信を始めると発表した。
対応機種はアップルのiPhoneと、グーグルのAndroid端末。
ダウンロードは無料だがゲーム内で使うアイテムなどを手に入れるため「ガチャ」と呼ばれる課金システムを同社では初めて導入する。


とうとう任天堂がスマホゲームでガチャを始めるようです。
まぁ、課金システムなんて無料ゲームなら当然と言えば当然かも知れませんが。
果たして、正当にアイテムをゲット出来るのでしょうかね。

まぁ、この手のシステムの場合はどうやっても文句が出るのは当たり前でしょうね。
良いアイテムが出ないだの何だのって。
時の運でしょうし。

このガチャが良い意味で操作されていれば良いのですけどね。
手持ちのアイテム状況からほしいと思われるアイテムが出てくれるとか。
課金した金額が一定額を超えると良いものが出続けるとか。

まぁ、今どきのゲームの殆どが逆の操作っぽいでしょうね。
確率が極端に低いとか。
良いアイテムなんて出ることがないとか。

そんな半分賭博と変わらないシステムに、とうとう任天堂も手を出してしまうんですね。
悪名高いガチャ課金に。
まぁ、完全に偏見かも知れませんが。

Nintendo Switchではプレイ時間を制限する機能を提供したりと、子供を守るようなゲーム環境を提供していくと思ったのに。
ガチャ課金は別物なんですかね。
そんなに悪いものじゃないんですかね。

まぁ、そうは言っても過去に任天堂は絶対的に善良なゲーム販売スタイルだったか?と言うとそうでも無いと思いますけどね。
ポケモンの、ほぼ同じ物をちょっとだけ変えて売るってのもちょっと…ですし。
ファイアエムブレムも2つ買わないといけないって問題があったはず。

百歩譲ってガチャ課金はそこまで悪いものじゃ無いとして。
じゃあ、何で頑なにスマホゲームへの参入を拒んでいたのか。
やっぱり、自社の携帯ゲーム機があるためでしょうかね?

なんか、そういうところで大手が失敗した事例がいくつもあるのに。
任天堂も何度かあったはずなのに。
懲りないのかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

任天堂、「Nintendo みまもり Switch」でゲーム管理が可能に

2017-01-19 14:53:27 | ゲーム
任天堂の新据え置きゲーム機「Nintendo Switch」にはゲームのプレイ時間等を管理できる「Nintendo みまもり Switch」という機能が搭載される予定。
この機能を使えば1日にプレイ出来る時間制限を設定したり、どんなゲームをプレイしていたかなどのレポートを確認することが出来る。
制限時間が来ると画面に表示され、設定によっては強制的にスリープさせることも出来るという。


任天堂の新しいゲーム機「Nintendo Switch」には凄い機能が付いているようですね。
その名も「Nintendo みまもり Switch」。
保護者がゲームのやり過ぎを阻止するような機能だそうです。

「ゲームは1日1時間」なんて良く聞きますが、まぁ…、確かにそれくらいにした方が良いのはわかります。
目も疲れるし、手も痛くなるし。
休憩して外で体を動かした方が良いでしょう。

しかし!
そこまでしてゲームを阻止する必要あるんですかねぇ?
強制的にスリープさせちゃう事も出来るようですが。

まぁ、そのスリープがニンテンドー3DSで画面を閉じた時のように確実なスリープなら良いのでしょうけどね。
スリープ解除したらセーブポイントに戻ってたってことにならなければ。
頑張ってプレイしていてセーブされなかったら悲しいよね。

安全なスリープなら良いと思ったのですが。
しかし、ネット対戦ゲームが多くなると新たな問題が発生するでしょうね。
ネット対戦中にいきなり動かなくなっちゃうって事ですよね。

スプラトゥーンのようにチーム戦ならいきなり地蔵化して終了かもしれません。
でも、1対1の場合は嫌ですよね。
いきなり相手がうんともすんとも言わなくなったり。

これってなんか、負けそうになって切り逃げする悪どいプレーヤーみたいな感じになるんですかねぇ。
強制スリープの場合はネット対戦相手に「xxxxさんはプレイ時間の制限によりスリープしました」とかって出るのでしょうか?ww
今度から、負けそうになったらスマホで強制的にスリープへ移行すれば良いんですかねww

この機能、まぁ確かに保護者にはあると便利な機能かもしれませんが。
でも、この機能使われたら子供がかわいそうだと思う。
1日1時間とか設定されたら厳しいでしょうねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Apple、Apple TVのアプリサイズ緩和

2017-01-18 07:32:09 | グッズ
AppleがApple TV向けアプリのサイズ上限を4GBへ緩和すると発表した。
これまでApple TV向けアプリはバンドルサイズが最大200MBに制限されていましたが、今回これを4GBへと大幅に拡大。
今回の制限緩和により、開発者の選択の幅が広がり、間接的にApple TV向けアプリの充実につながると思われる。


Apple TVのアプリサイズが緩和されたようです。
今まで200MBまでだったアプリサイズが緩和されて4GBまで可能になるそうです。
なんか、一気にサイズが増えましたね。

まぁ、今までが200MBだったことにも驚かされますけどね。
今どき200MBではゲームなんて大したもの出来ないでしょうからねぇ。
タイトル画面用のリソースだけで数MBは使うでしょうし。

4GBならそれなりのものが作れそうですね。
ただ、ゲーム専用機などのようなムービーを挟んだゲームは作れないでしょうけど。
あくまでもスマホアプリ程度でしょうね。

この先、Apple TVがさらに進化してコンソールゲーム機並みになる?!
と、思ったのですが、多分、それは無いでしょうね。
Appleは過去にゲーム専用機で失敗してますし。

それに、余程の勝算が無ければ手を出す意味がないでしょうからねぇ。
ライバルはソニーのPS4や任天堂のSwitchとなるわけですから。
Appleとしてのアドバンテージを持たないと惨敗するでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PS VRが1月26日から販売再開

2017-01-17 10:48:29 | ゲーム
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は16日、品薄状態が続いているPlayStation VR(PS VR)について、国内における一部の販売店店舗やECサイトでの販売を1月26日より再開すると発表した。
販売する店舗やサイトの情報はPS VR公式サイトの「販売取扱店舗」に記載されており、ソニーストアやAmazon.co.jp、ビックカメラ 新宿西口店、ヤマダ電機 LABI新宿東口館、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaなど。
PS VRには、PS VR単品版(CUHJ-16000)の44,980円と、PlayStation Camera同梱版(CUHJ-16001)の49,980円の2種類がある。


PS VRが販売を再開するそうです。
ソニーストア以外の量販店や通販サイトでも販売が再開されるようです。
全ての店で売り切れだったんですね。

去年の10月に販売開始されているのに未だ品薄状態が続いているPS VR。
そんなに売れているんですかね?
もしくは供給が追いつかない?

人気があるのはわかりますが。
でも、3ヶ月経ってもまだ生産が追いつかないってのはおかしいですよねぇ。
転売屋だってそこまで買い占める力は無いでしょうし。

まぁ、いわゆる「品薄商法」ってヤツでしょうね。
品薄状態が続けばレア度が上がって欲しいって気持ちが高まるでしょうし。
過去にも玩具でそう言うのありましたが。

でも、いくらなんでもやり過ぎじゃないでしょうかね。
3ヶ月も経ってるのにねぇ。
この状態が続けば逆効果だと思いますが。

PS VR自体が売れれば終わりじゃなく、ソフトウェアも売れないといけないんですよね。
そうなると、1つでも多くのPS VRを売ってソフトウェアも買ってもらわないといけないのではないでしょうか。
それなのにPS VR本体が買えないなんて。

これ以上品薄商品を続けていたらゲーム開発会社が怒りそうな気がしますけどねぇ。
本体が行き届いてないとばるとPS VR向けのゲームが売れるわけもないでしょうし。
お金かけて開発しても売れなければ厳しいでしょうし。

実はPS VR本体はそれなりに出荷して頭数は出回っていると言うのなら、PS4の売れ筋ランキングのようなところでPS VR向けタイトルが上位に入って来るでしょうからねぇ。
見る限りでは、PS VR向けタイトルは全然売れてない気がしますし。
まだそんなにたくさん出ていないからってのもあるかもしれませんが。

ちなみに、個人的にはPS VRが欲しいとは思いませんね。
VRの魅力を知らないってのもありますが、こういう品薄商品をやられると逆に引いて買う気が失せますし。
並んだりしてまでも買うという事があまり好きじゃないので。

とりあえず、ソニーはあまりPS VRを売りたくないんでしょうね。
入出力問題とかありますし。
問題が解決するまで出荷を抑えるのかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Yahoo!が「Altaba」に社名変更

2017-01-16 05:13:35 | ニュース
米Yahoo!が社名を「Altaba」に変更することが、米証券取引委員会(SEC)が2017年1月9日に発行した報告書から判明した。
1995年に誕生した米Yahoo!は、昨年(2016年)の7月に米通信会社大手のVerizon Communicatiosに48億3,000万ドル買収されており、検索エンジンやニュース媒体といった中核事業が受け渡されている。
なお、この買収案件は日本国内のYahoo! Japanとは関連しない。


米Yahoo!が社名を変更するようです。
新しい名前は「Altaba」だそうです。
どんな意味があるのでしょうかね?

この社名変更は日本のYahoo!Japanには関係ないという事ですが。
日本はYahoo!って名前を残すって事ですかね。
残していけるのでしょうかね。

まぁ、確かYahoo!Japanはソフトバンクが経営しているはずですよね。
別会社だから統一する必要はないのかもしれませんが。
それでも、いつか変更しろって言われるのでしょうかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 第14話「We’re 仮面ライダー!」

2017-01-15 14:30:30 | 特撮
今回は第14話「We’re 仮面ライダー!」
ストーリーは仮面ライダーエグゼイド 第14話「We’re 仮面ライダー!」で!


前回、謎のガシャットで二人に分裂したエクゼイド。
どっちが本物のエグゼイドなのかわかりませんでしたが。
どっちも本物?

どうやら、宝生永夢はゲーム病のようですね。
だから適合手術をしなくても変身できるってことのようです。
適合手術って、予防接種のようなものなのでしょうかね?

ただ、分裂しているそれぞれの性格が違うようです。
自分の事を「僕」と言っている普段の宝生永夢と、自分の事を「俺」と言っているもう一人の宝生永夢。
些細な違いですが、これが鍵となるようですね。

これに気付いたのが花家大我のところへ現れる西馬ニコ。
昔の宝生永夢を知っているようで、以前は「僕」なんて言わなかったと言うのですが。
なんで過去を知っているのでしょうかね?

西馬ニコは宝生永夢をライバル視しているようですが、敵対していると言う感じはない気がしますね。
あくまでも、ゲームで勝ちたいだけ?
ゲーム会社の社長とは違うようですけど。

そうなると、過去にゲームで負けていたからライバル視していると見るのが普通っぽいですね。
ただ、宝生永夢が「M」と名乗っていたのがどれくらい前なのか。
そんなに前でもない気がしますが。

なんとなく考えられるのが、宝生永夢と西馬ニコは兄妹とか?
それなら過去を知っていてもおかしくないでしょうし。
まぁ、それだとライバル視しているのがおかしいかもしれませんが…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

任天堂、新据え置きゲーム機「Nintendo Switch」の新情報を公開

2017-01-14 00:27:15 | ゲーム
任天堂は13日、今春に発売を予定している新しい据え置きゲーム機「Nintendo Switch」の情報を公開した。
価格は29,980円で、発売日は3月3日。
その他、秋には有料のオンラインサービスを開始すると言う。


とうとうNintendo Switchの新情報が公開されました。
価格は3万円強で、3月3日に発売だそうです。
まさか、333を狙って来た?

価格に関してはもう少し頑張って値下げして欲しかったですね。
昔のように25,000円くらいにして欲しかったです。
薄利多売でも逆鞘でも、本体のシェア数を増やさないと苦しいでしょうし。

機能に関しては目新しいものは無い感じでしたね。
バッテリーは最長で6時間ほど持つようですが。
ゲーム内容によってはそれほど持たないでしょうね。

充電はUSB Type-Cで行うそうですね。
と言うことは、USB PDになるのでしょうか?
まぁ、専用充電アダプタとかではないだけ良いですけど。

発売予定タイトルにはスプラトゥーン2がありましたね。
さらにマリオの新作とか、ベゼスダのスカイリムとか。
やっぱり、去年発表されたNintendo SwitchのPVは発売予定の内容だったのでしょう。

で、非常に残念なのが、有料オンラインサービスを開始するってこと。
秋までは無料で使えるそうですが。
その後は有料になるんですね。

まぁ、ソニーもマイクロソフトも有料オンラインサービスは提供していますからねぇ。
さらに、過去にはオンラインサービスで問題も起こりましたからねぇ。
有料化して少しでも問題の再発防止策を取らないといけないでしょうし。

ただ、有料オンラインサービスに移行したらスプラトゥーンの人気はどうなるのか。
今までWii Uでスプラトゥーンを遊んでいた人が、Switchでスプラトゥーン2を買ったら有料オンラインサービスに入らないと遊べない?!ってなりますからねぇ。
それでも、スプラトゥーン2を遊びたくて有料オンラインサービスに入る人もいるかも知れませんが。

でも、半分くらいは有料オンラインサービスに入る事を躊躇しそうですからねぇ。
そうなると、プレーヤーはゲーム好きで強い人ばかりになるのでしょうか…。
さらにそうなると、ライトユーザーはコテンパンされて離れていく?!

そうさせないためには、みんながオンラインサービスに入って、いろんなユーザーがいる状態にすれば良いのでしょう。
ライトユーザーはライトユーザー同士でマッチングすれば良いですし。
有料オンラインサービスに入って損はないと思えれば入る人は増えるでしょう。

入って損はないと思うには、PS Plusのフリープレイなどの様に無料で遊べるゲームを提供してくれたら良いでしょうね。
ただ、SwitchはWii Uとかと互換性は無いですからねぇ。
過去の作品ってわけにはいかないでしょうね。

ちなみに、スプラトゥーン2は発売が今年の夏と発表されています。
有料オンラインサービスは秋まで無料だそうですが、無料にされてもあまりメリットは無さそうですね。
オンライン対応の人気タイトルって何か出すのでしょうか?

ゼルダの新作がSwitch発売日にリリースされると言うのはちょっと気になりますね。
ただ、Wii Uも発売されるようなので、無理してSwitchを購入しなくても良いでしょうけど。
ゼルダの評価を見てから買っても良いでしょうね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイクロソフトをかたるフィッシングメールが出回る

2017-01-13 06:02:34 | ニュース
マイクロソフトをかたり「OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」と言う内容が書かれたフィッシングメールが出回っている。
本文ではOfficeのプロダクトキーが不正コピーされ攻撃者がオフィスソフトの起動を試みているとして、Microsoft Officeのウェブサイトのデザインを模した偽サイトへ誘導する。
日本マイクロソフト株式会社では、このフィッシングメールはマイクロソフトから送信しているメールでは無いので削除して欲しいとしている。


マイクロソフトを語ったフィッシングメールが出回っているようです。
内容はMicrosoft Officeのプロダクトキーが不正コピーされていると言うものだそうで。
回避する為として偽サイトへ飛ばされるそうですが。

このメール、自分宛にも来てました。
以前、Microsoft Office365を購入したので、まさかそのIDが盗まれたか?!と思ってしまいましたが。
そんなはずは無い。

まず第一に、届いたメールアドレスとOffice365とは全然無関係なアドレスですからねぇ。
そのアドレスでMicrosoft Office関連の登録なんてしたことありませんし。
頻繁に使うメールアドレスでも無いですし。

さらに、そんな深刻な内容だったらメール送って来るのが疑わしい。
メール送って来るよりもMicrosoft内で解決しろよ!って思うし。
不正コピーされたことがわかってるのに、不正した側へ権利が移っちゃうってのもおかしな話しですよね。

あとは、つい先日、会社からフィッシングメールに対する警告があったばかりでしたので、この手のメールは疑うようにしていたためでした。
まぁ、この警告が無くても基本的には疑いますけどね。
とりあえずネットで調べてみたり。

それにしても、フィッシングメールを作る側ももう少し考えて作ったら良いのでは無いでしょうかね。
考えてみれば前記した通りマイクロソフト自身でなんとかしろよ!って思いますし。
あまり考えられてみんな引っかかるフィッシングメールを作られても困りますが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Apple、「MacBook Pro」バッテリ問題の原因を解明

2017-01-12 05:47:56 | MAC
Appleは、「Safari」のバグに対する修正をリリースした。
これが、Consumer Reportsが検出した新型「MacBook Pro」のバッテリ持続時間の問題を引き起こしていた原因だったとしている。
Consumer Reportsは、同誌のテストにおいてバッテリ寿命が19.5時間~3.75時間と一定しないことを理由に、同製品を消費者に推奨しないとしていた。


AppleがMacBook Proのバッテリー問題を解決したと発表したようです。
原因はウェブブラウザのSafariが問題だったようですが。
そんなのでバッテリーが速く無くなるんですかね?

まぁ、計測方法でウェブブラウザを利用していた場合であればそういう事もあるでしょうけど。
でも、ウェブブラウザがバッテリーをガンガン使う動作をするってどういう事ですかね?
常に通信とかしちゃってるのでしょうか?

何れにしても解決したという事は良かったですね。
ただし、まだ一般ユーザー向けにはリリースされていないようですからねぇ。
早くリリースしてほしいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新元号、2019年元日から

2017-01-11 07:11:34 | ニュース
天皇陛下の退位をめぐり、政府は2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、同日から新たな元号とする方向で検討に入った。
国民生活への影響を最小限に抑えるため、元日の改元が望ましいと判断した。
政府の想定通り進めば、いまの陛下は18年12月31日に退位し、平成は30年で幕を閉じることになる。


平成の年号が30年で終了するようです。
これは天皇陛下が退位する事で切り替わるそうですが。
生きていても代わるようになるんですね。

それにしても、ここ最近は西暦を使うことが多くて日本の元号を使うことはあまり無いんですよね。
先日も知人と話しをしていて、今年って平成何年だっけ?って話になるくらいで。
まぁ、大体でわかるくらいでしたが。

日本人だったら気になるニュースですが。
でも、なんか…。
悪いけど、どうでも良いような…。

ただ、気になるのは元号で記載しないといけない書類がある場合ですね。
多いのは誕生日などを記入する事がある書類などですが。
こう言ったものも今後は西暦を使うようになったりしないのでしょうかね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネット画像で指紋が狙われる?!

2017-01-10 15:13:17 | ニュース
スマートフォンなどの個人認証で利用が広がる指紋がインターネット上で狙われている。
投稿された手の写真画像から指紋の模様を読み取り、個人情報として悪用することが可能だからと言う。
国立情報学研究所はこうした指紋の悪用を防ぐ新技術を開発しており、犯罪防止に向け2年後の実用化を目指している。


ネットにアップしている画像で指紋を悪用される可能性があるそうです。
その対策として悪用防止技術を開発しているそうですが。
どういう技術なのでしょうかね。

というか、ネット画像から指紋なんて抜き取れるのでしょうかね?
まぁ、カメラの解像度は年々上がっているでしょうけど。
よっぽど接写した手のひら画像じゃないと無理ではないでしょうかね。

あとは指紋を読み取る機械がどれくらいの精度で読む必要があるのか。
読み込んだデータと保存してある指紋データを照らし合わせるのでしょうけど。
ハッキングする際は読み込んだデータと差し替えて行うのでしょうし。

まぁ、一番手っ取り早い対策は手のひら画像をネットにアップしないことでしょうかね。
もしくは、ネットにアップする際は画質を下げたり。
意図的に手のひら画像をアップする以外は大丈夫なはずですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPhone誕生10周年

2017-01-09 23:09:46 | グッズ
AppleのiPhoneが2017年1月9日で発表から10周年を迎えた。
2007年1月9日にサンフランシスコで開催された「Macworld 2007」において、当時のApple CEOであるスティーブ・ジョブス氏により、「タッチ操作のiPodの革新的な携帯電話、インターネットコミュニケーションのブレイクスルー」と披露されたiPhoneは、これまでに10億台以上を出荷。
ハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合した新たなプラットフォームとなった。


iPhoneが発表されてから今日で10周年を迎えるそうです。
2017年現在、iPhone7が発売されています。
2007年に発表されてから10年の月日を経て今の形になっているわけですね。

とは言っても、思ったほど変化はありませんね。
もちろん、進化はありましたが。
形などは初代の流れそのままですし。

思えば、iPhoneはiPodの進化系って流れだったはずですね。
今から15年以上前に発売されたiPodは、本体の半分くらいのスクロールホイールがあり、そのホイールが無くなるモデルと同時期にiPhoneが発表された気がします。
全面液晶パネルのタッチスクリーンで、タッチした場所にホイールが表示されるとか噂がありましたが。

その噂を良い意味で裏切ってくれたのがiPhoneでした。
ホイールは出ないものの、操作性はiPod以上。
その後に通信機能の無いiPod touchも発売され、タッチスクリーンの便利さに驚かされました。

iPodは5年で大きな変化がありましたが、iPhoneは10年経ってもあまり変わっていません。
まぁ、噂では今年辺りに大きな変化があるようですが。
ベゼルの無い液晶や折り畳み式などなど…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仮面ライダーエグゼイド 第13話「定められたDestiny」

2017-01-08 21:07:02 | 特撮
今回は第13話「定められたDestiny」
ストーリーは仮面ライダーエグゼイド 第13話「定められたDestiny」で!


今回は最後の方でエクゼイドが二人になってしまいましたね。
怪しげなガシャットを使って分離してしまいましたが。
どういう意味なのでしょうか?

以前、仮面ライダーWという、左右で分かれているライダーがいましたが。
今回は完全に二人。
しかし、変身する前は一人。

もちろん、二人で2ライダーなら普通だけど。
一人で2ライダーですからねぇ。
心も2つに分かれているのでしょうか?

で、このゲームはどんな内容のゲームでしょうか?
2つのキャラに分かれて遊ぶゲームってありましたっけ?
一般的に有名なゲームジャンルで。

まぁ、そういう縛りは無く、やりたいようにやってる設定ならいいんですけどね。
なんか、最初から各ライダーのゲーム内容に特化した必殺技もそれほどないようですし。
スナイパーとかは銃を使ってましたっけ。

で、ストーリーの方は、国民にゲーム病の存在を告知。
もっと騒ぎになると思ったら、意外と冷静ですね。
まぁ、患者の数が少ないからでしょうか。

ゲーム会社の社長は行方不明に。
そういう事くらいでニュースになるんですね。
知名度の高い社長だったんですかね。

なんと無くストーリー展開が解り辛くなっている気がしますが。
今後はどういう展開になっていくのでしょうね?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LEGO、低年齢向けプログラミングキット発売へ

2017-01-07 20:00:04 | グッズ
LEGOは、7歳以上の子供向けとなるプログラミング学習キット「LEGO BOOST」を8月から発売すると発表した。
価格は159.99ドル。
LEGO BOOSTは、同社のプログラミング学習キット「LEGO MINDSTORM EV3」の対象年齢である10歳より低年齢向けとなる新シリーズの学習キット。


LEGOがプログラミング学習キットの新シリーズを発売するようです。
すでに発売されているマインドストームよりも低年齢層をターゲットにしたキットで、対象年齢は7歳以上だそうです。
小学校の低学年でも遊べるキットのようですね。

マインドストームは10歳以上だそうですのでそんなに変わらない気もしますが。
まぁ、キット内容の難易度よりも、価格の問題がありそうですけどね。
ホビー用のマインドストームでも5万円くらいしますし。

それに比べて新シリーズは安いようですね。
日本円で2万円弱もあれば買えそうですし。
まぁ、それだけのセンサー類が付いてくるかによるでしょうけど。

ちなみに、マインドストームも教育用で全てのセンサーを揃えれば10万円くらい行きますね。
残念ながら、一般消費者向けには売られていないようですが。
教育関連の仕事をしていれば買えるみたいです。

LEGOってこのシリーズに限った話じゃないですが、ブロックを組み合わせてなに作るかが重要ですからねぇ。
組み立て例に書かれているものだけを作っただけじゃあつまらないでじょうし。
発想力がないと楽しめないオモチャですからねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加