まっすぐ進め~

水泳コーチ岡本の日記
株式会社リアルスポーツ

正しいとされるもの今昔

2017-03-06 12:21:18 | 日記
正しい泳ぎってどんな泳ぎ?
と、選手やスタッフに問いかけることがある。

返ってくる答えは
軸がブレない泳ぎ
とか水をしっかりとらえた泳ぎなどだ。

それぞれ間違えではないと思うが、私は言う。

世界記録保持者の泳ぎでしょ⁉︎
だから正しい泳ぎなんて決まったものはなく、その時一番速いものが正しい泳ぎ。

クロールだって考え方がどんどん進化してきているし、体格や体質が違うのに同じようにこうしなさいというものはない。
但し、身体構造上の効率や負担など、ベースとなる理論的なものはほぼ近いと考えられる。

そこから見ると
私が駆け出しコーチだったころに教わったドリルなど、身体構造上 ⁇と思えるものがある。
あたりまえのようにやらせてきたことが、実は理論上おかしな動作ではないのかと思える。

選手もドリル練習の際
さもあたり前のように同じことから入る様子をよく見るが、考えあってか無しかでは、その時間の持つ意味が大きく違ってくる。
同じ動作をしているのがダメなのではなく、考え無しで楽な方法をとっていることがダメなのである。

考えるとは感じること
コーチのアドバイスに自分の感覚を合わせて
創っていく、これが大事なんだ‼︎
おかしいと思ったら一度捨てる。
そしてまた必要なら、アレンジを加える。
足し算、引き算、掛け算、割り算である。

それより難しいことはわかりません(ー ー;)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界で一人の選手 たぶん | トップ | 猿に襲われる夢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。