妊活日記

あたし35歳、子宮筋腫持ち。
夫、がんサバイバー。
諦めてたけど諦められなかった。
現在、子宮筋腫治療中。

アタシの事

2016-10-17 07:30:19 | 日記
初めまして。アタシです(´・ω・)っ

35歳♀です。

結婚して早5年が過ぎました。

色々ありました。

ストレスで仕事に行けなくなり病院行ったら双極性障害Ⅱ型と診断されましたが、薬も通院も止めて治しましたv( ̄Д ̄)v

夫は癌になり(がんの場所は伏せます)肺、リンパ、骨に転移しまくって手術→4クールの抗がん剤治療。

治る癌だからと言われ、抗がん剤治療する前に精子の保存を勧められましたが、骨転移の痛みがひどく、それどころではない状態の夫に病院に行って欲しいとは言えず将来の子供は一旦諦めました。

その頃はアタシもまだ病んでたし「子供はいいや、そこまでしていらない」と思っていたのです。

それから月日が過ぎ、アタシは回復し、夫も回復し(今でも3ヶ月ペースで検査あり)勝手なアタシは子供がいる生活を夢見るようになってしまいました。

病んでたアタシを見ているからでしょう、夫は「育てる能力がない」と思っているようで(実際言われました)協力してくれませんでした。

夫は夫で、抗がん剤の後遺症の事が引っ掛かっていたのです。

現在、治療を終えて1年8ヶ月。

アタシの体にも異変が起きていました。

子宮筋腫が大きくなっていたのです。

人間ドッグを受けた時に7センチ程の筋腫が見つかりました。

思わず先生に聞いていました。「妊娠できますか?」

先生は「この大きさだと治療をしないと無理ですね」と言いました。

それから改めて病院を訪れ詳しく検査すると5センチの筋腫が二個ありましたΣ( ̄ロ ̄lll)

治療法の説明を受けている時に「子宮全摘出」という説明もありました。

「まだ若いしお子様を望むのであれば全摘はしなくても大丈夫です」と言われホッとしました。

その時に気づいたのです。

やっぱりアタシは子供が欲しいんだ...(´TωT`)

治療する事を決めました。

まずはリュープリン注射で筋腫を小さくしてからの手術。

現在4回目の注射が終わっているところです。

子宮筋腫の治療も遡ってブログに綴っていこうと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 始めた事 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL