折りたたみ自転車で日本一周 etc

Bromptonで休日を繋いで、日本一周を目指しています。 その他、趣味の魚釣りなどを綴っています。

2016年-竿納め、最後の最後に

2016年12月30日 | チヌ(黒鯛)

釣友のK君がぎっくり腰になったので、Sさんと二人で竿納めに和歌山の筏に行きました。

阪和道の紀見峠の気温計は-2度でした。
寒いです。

筏に乗って、第一投。
ヌカを握る手が、寒いを通り越して痛いです。
案の定、餌のオキアミがそのまま残ってきました。
この時期の釣りは、これが当たり前です。

続いて二投目。
ダンゴが割れて餌を流していくと、手元までアタリが伝わってきました。
そんなに大きくはありませんが、まあまあの獲物の手応えです。
上がってきたのは、30センチ弱のシマアジでした。

開始早々にお土産になる魚が釣れたので、一気に期待が大きくなりました。

でも、その後はオキアミも丸エビもカキも、残ってくる状態が続きました。
隣で竿を出すSさんも同じです。

借りた練炭でお湯を沸かしてカップラーメンを食べて、昼寝をしました。
30分ほどまどろんで、目を覚ますと、隣の筏の釣り人の竿が曲がっていました。
石鯛が釣れたそうです。
うらやましい。

竿納めは磯にすればよかったかなと後悔しながら釣りを再開すると、
ダンゴが途中で割れてしまって、
そのまま流していくと、30センチほどの良型のアジが釣れました。

Sさんもアジが掛かって竿を曲げています。

でも、後が続かず、沈黙の状態が続きました。

4時前になって、あと1投か2投で今年の釣りも終わりだなと思っていると、
ガツンとアタリが。
竿が大きく曲がりました。
チヌ真鯛か、それとも石鯛か?
強烈な引きに耐えて水面まで上げた魚は


・・・ボラでした。

最後の最後にまたお前か!

でも、僕はシマアジ1匹にアジ2匹。
Sさんはアジ3匹の魚が竿を曲げてくれたので、
上々の竿納めです。


今年も楽しい一年を過ごせたことを感謝。
来年も良い年でありますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まったりとした一日 | トップ | 2017年 初釣り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。