多系統萎縮症と闘う父

多系統萎縮症の方が身近にいるかたへ

デイサービス

2017-05-19 10:52:09 | 日記
父の自宅介護が始まって、週に2回、入院していた病院でデイサービスを受けています。

啖吸入やイロウの準備、そして、父に匂いを感じさせないように台所のない2階で食事をとる母が、精神的に参らないよう、デイサービスの日に私の仕事の休みを取り朝から実家へ向かい、母とランチをしています。

介護は、介護される方もする方も、しんどいです。

普段父の面倒を看れない私なりの母への罪滅ぼしです。
自己満足に過ぎないですが。

正直「夫婦は他人」と前の仕事柄教わってきて、父が多系統萎縮症と診断され、介護に近づきつつあるとき私は母を信じてませんでした。
本当に介護ができるのか、と。

何せ私が幼少の頃は夫婦喧嘩が耐えなく、よく母が涙する姿を見て育ちました。母が父に恨みを持っても当然とまで思っていました。

でも、多系統萎縮症と診断され介護が少しずつ始まったとき、母は私に言いました。

『今まで、お姫様も奥さまも充分にさせてもらった。今度は私がお父さんに返す番だよって、だから大丈夫って。』

夫婦ってすごいなぁと娘ながらに感じました。

私ももし、夫が父と同じような状態になったとき、母のように思える人間でありたいと思います。


そうそう、父の体は硬直がかなり進行してますが、足の裏をちょっと、こちょばすと、普通に足が嫌がります(笑)

それが妙に嬉しくて、足の裏をこちょばしたり、足つぼマッサージとイタズラしました。

そして冷えていた足は暖かくなりました。
多系統萎縮症状は足が冷えるので、神経の刺激にもなると思いますので試してみてください。

父は喋れませんが、嬉しそうな表情をしているのを見ると、童心にかえる私でした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 早期発見早期治療 | トップ | 食生活 イロウに至るまで »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。