日々の暮らしを記憶に刻む

 日記、詩、短歌、読書録など焦らず無理せず書き続けています。
傍ら移りゆく社会及び地域の有り様を綴るブログです。

弥生の「うたごえ広場」2月6日と比べ

2017-03-06 17:18:28 | うたごえ広場
   2月は28日で終わりましたが、
   3月の暦が示すのは全て同じ曜日です。
   従って月一、第1月曜日の「うたごえ広場」
   楽しみに行ってきました。
   
 会場は前月と同じアリーノ会館2階会議室でした。
2月には暖房がよく効いていたのですが、今回は午前
中に小雨が降りだし寒の戻りが強かったのですが、暖
房の効きが弱く、周囲の方々が脱いだコートで腰から
下をくるんだり、座布団代わりに敷く等工夫し、寒さ
に対処しているのが見えました。
参加者は100名位でしたが、司会の若原氏もアコーディ
オン奏者の岩田氏も若々しく元気でした。
「もう3月弥生の月だとは、月日の過ぎるのが早いで
す。皆さん今日は寒いのに大勢来て頂き、こちらもヤ
ル気が増します」というような、ご挨拶があり午後2時
から90分間の「うたごえ広場」が開催されました。

第一部 昭和の作曲家選集より
    鈴木 邦彦氏(作曲家の名前には記憶なし)

1 長い髪の少女  2 天使の誘惑
3 雲にのりたい 4 恋の奴隷 5 さらば涙と言おう
6 北国行きで 7 情熱の嵐 8 酒場にて

第二部 138曲の中からリクエスト

主催者「カンアオイ」が選んだ「花は咲く」
1 小さな日記 2 早春賦 3 浜辺の歌
4 アカシヤの雨が止む時 5 南国土佐を後にして
6 故郷を離るる歌 7 花の街 8 白い花の咲く頃
9 北国の春

毎回のように、前月と同じ歌が幾つかリクエストさ
れます。挙手する方が同じではないようですから、
司会者は何も注文しません。私は此の会場では一度
も挙手していません。特別の愛唱歌もありませんの
で、皆様の熱意にお任せしています。それでも3年
以上「うたごえ広場」に参加していると、まだ一度
もリクエストされていない曲を歌ってみたい気持ち
もあります。

 ためしに2月6日(第一月曜日)のリクエスト曲を
並べてみました。
1 四季の歌 2 帰れソレントへ 3 夜明けの歌 
4 おぼろ月夜 5 冬景色  6 遠くへ行きたい 
7 長崎の鐘 8 星影のワルツ 9 あざみの歌 
10 どこかで春が


今回は、2月のリクエストには無かった曲ばかり
選ばれていたのが確認されましたが「早春賦」は
ここ数年何回かリクエストされています。
春に相応しい心地よい歌詞と曲だと納得でき、私
も好きなのですが、若い時労働組合事務所を利用
し、毎週のように歌っていた労働歌やロシア民謡
など、時には思い切り歌ってみたいと思うのです。
リクエスト一覧表に「ステンカラージン」「ペチカ」
等もありますが、皆さんの好みに合わないように感
じ、選ばれた曲なら何でも可として楽しんでいます。
 新宿西口に今でもあると思うのですが、歌声喫茶
「ともしび」。最後は何時行ったのか?たぶん10年
以内に行っている筈ですが、もう一度行きたいと
思いながら歳月は容赦なく流れ流れてしまいました。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外郎売(ういろううり)滑舌... | トップ | 2017年 くらしの短歌 5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

うたごえ広場」カテゴリの最新記事