日々の暮らしを記憶に刻む

 日記、詩、短歌、読書録など焦らず無理せず書き続けています。
傍ら移りゆく社会及び地域の有り様を綴るブログです。

アリーノ朗読を聞くたのしさ

2016-10-28 20:16:25 | 朗読・音楽・書道
     宮前区アリーノ会館に於ける朗読

 月に一度ですが「朗読サロン」として継
続されてきました。
毎回、朗読終了後には参加者と朗読者との
交流があり、今回も和やかな話題が続き皆
さんの笑顔を引き出していました。
 夏場には冷えた麦茶が供され、渇いた喉
を潤すことが出来ましたが今回は10月末で
す。厚みのある湯呑み茶碗に濃いめの緑茶
が用意されました。数日続いていた高い気
温から一転しての、冷え冷えした雨の日で
したから、丁寧に煎れて下さった緑茶の温
もりに身も心も潤されました。
折りしも隣室では「水彩画三人展」という展
示会が催されていましたので、其れもしばし
鑑賞したのですが、絵筆を持つ人たちの才
能に眩しさを感じるばかりでした。

主催・ふたこぶらくだのおはなし会
朗読者・女性3人
本日のテーマ・スポーツ
≪スポーツの秋、身体を動かそう≫
井上ひさし作品 「ナイン」
さくらももこ作品「自転車の練習」
群よう子作品「ダイエットはむずかしい」


 静かな心地良い朗読の声に聴き入りなが
ら「ナイン」に於ける、少年野球で活躍した
九人の其の後の歩み、生き様が映画を観て
いるように浮んでいました。詐欺同然に寸借
を重ね挙句に大金を盗んで姿を消したナイン
の一人。それでも友だちとして庇い続ける男
性もあり青年になっても昔の仲間意識を失わ
ない人の瑞々しさや、反面の気弱さなどが作
者である井上ひさしに重なり、短いお話でし
たが佳く出来た著作に思えました。
「さくらももこ」はテレビアニメの主人公
ちびまる子ちゃんを生み出した作家です。
毎日の暮らしの中で浮ぶ過去の記憶や現在
の有り様の中から拾い出す、エッセイをまと
めたような作品です。アニメ作家だけに随所
に笑いが塗り込められているような面白味を
感じたのですが、何処までが本人の体験か創
作なのか解りません。エッセイも真実だけを
記すものでもないようですが、90歳の祖母の
縄跳びへの挑戦と身内や周囲の人たちへの
思惑を描いた「ダイエットはむずかしい」に
話題が多かったように思いました。
「90歳の祖母が20分以上歩いて見知らぬ場
へ行き、身内からあれこれ言われないように秘
密裏に縄跳びをする、それもダイエットを目指
しての動きという話、すご過ぎ!」「私など絶
対縄跳び出来ないです」「20分以上歩くことっ
て、先ずそれが難しいですよ」等々と盛り上が
りました。
 結論として「スポーツのテーマ」としながら
も朗読者三人が選んだ作品の切り口は、それぞ
れに思いがけないものであり、楽しい朗読会で
した。

 
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年 くらしの短歌 27 | トップ | 朝の散策路からアリーノ・フ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (深山あかね)
2016-10-30 22:06:23
 この朗読会はほんとに楽しそうですね。

 こちらでの披露は、いなかだけに、畑で採れたサツマイモ、ナス、しし唐、などです。
 文化的な刺激が少しはあってもいいような気もするんですが・・・・。
 このあたりでは、時間さえあれば神楽鑑賞に出かける人が多いようですが・・・・。
Unknown (みどり)
2016-10-31 18:45:32
深山あかね様
 自前の農作物を見せ合えるような環境もいいですね。
あかね様は風呂先生との接点、小泉八雲の世界を探求する機会を得たのですから、ご近所の方々とは、少し違うように思いますが、総じて文化的取り組みが少ないのでしょうか。
こちらは川崎駅の方へ出れば本格的ミュージアム等が有りますが、国内、或いは来日演奏家の音楽会いずれもチケットが高くて、殆ど聞きに行けません。
 生涯学習センター、アリーノが建設されたのは住民運動が発端ですので、各種サークルが沢山出来たのにも地元住民の関与が強いのです。毎日何かしらサークル活動が行われていますので、足腰動かせる高齢者が気軽に出入りしています。
行動範囲が狭くなりましたが、近場で楽しめる集いが色々あり助かっています。

コメントを投稿

朗読・音楽・書道」カテゴリの最新記事