日々の暮らしを記憶に刻む

 日記、詩、短歌、読書録など焦らず無理せず書き続けています。
傍ら移りゆく社会及び地域の有り様を綴るブログです。

テロ対策は口実、こわい共謀罪に反対

2017-04-05 20:34:23 | 社会・雑感
     安倍政権はテロ対策を口実にした
     「共謀罪」法案を3月21日に閣議決定
     更に今国会で成立を目指しています



明日は平日のために集会は18時30分~です。
昼の時間帯なら参加できるのですが、夕刻
からなので参加はできません。気持ちでは
強く反対しています。
共謀罪が通過すれば、私たちの日常の全て
が思いがけなくも共謀罪法(仮の名前)に
より捜査の対象にされかねません。
 此れは今まで犯罪捜査の対象にならなか
った、犯罪と無関係のおしゃべりや歓談が
警察によって監視されたり、告発される危
険性があります。
刑法の原則は「犯罪は実行行為があって初
めて成立する」ということですが、戦前に
死刑を含む厳罰が盛り込まれていた「治安
維持法」同様の会話やビラの書き込みなど、
社会に対して訴えたり考えたりした意思の
段階ですら犯罪視され、強権の発動が有り
得るのです。
「自分はテロとは無関係だ、取り締まりの
強化は必要だ」と善意で考えている方々に
も真剣に考え反対して欲しいと願っていま
す。
此の法律のほんとうの狙いは現政権に反対
する人々への言論弾圧ではないかと思いま
す。
自由に考え、自由にものの言える日本社会
であることは、憲法で保障されているので
す。明日の日本を語り、未来の社会を想像
することは誰にも許されていることです。
監視し合い密告し合う世の中になったら、
明るい未来は閉ざされ、大人も子どもも互
いの信頼関係を保つことはできません。
 地域でも此の法案の内容を学ぼうとする
機運が高まってきましたが、即急に多くの
人たちに、真の狙いを語り知らせることが
必要だと考えています。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棟前の桜&4月のうたごえ広場 | トップ | 桜ふたたびーみどりの詩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・雑感」カテゴリの最新記事