日々の暮らしを記憶に刻む

 日記、詩、短歌、読書録など焦らず無理せず書き続けています。
傍ら移りゆく社会及び地域の有り様を綴るブログです。

敬老の日が近いので

2016-09-14 20:15:27 | 社会・雑感
     敬老の日が近くなりました
     9月19日(第3月曜日)が祝日です。

ベランダで、おしろい花が咲きました

     
 N団地では、年々高齢者が増えてきたことから
77歳となる方を、先ずお祝いすることに自治会で
決めています。
お祝いの席の準備の為に、回覧で参加希望者に記
名をお願いするのですが、数年前からは77歳の方
だけではなく、88歳以上の方々は何度でも参加して
戴けるという方式になったようです。
 私の踊り仲間には77歳を向かえ、既にお祝いの席
に参加し、祝いの膳を囲み、紅白のお饅頭も戴いた
という女性が存在します。
30~40年も踊り続けてきた仲間です。
高齢になるのは当たり前の話ですが、或る女性はエ
スカレーターに乗らず、背筋の伸びた颯爽とした姿
で駅の階段を上り下りし、バスでも我れ先に座席を
取ることはありません。健脚であることは健康の一
つのバロメーターでしょうか。
私は未だお祝いの席に参加できませんが、今年77歳
を迎えた姉に続いて、父母や兄妹の越せなかった77
歳という年齢を、無事に健康で迎えることが出来るの
かどうか?
誰も明日という日のことは解りません。ましてや一年
後二年後の命のことなど、あれこれ考えるだけ無駄で、
もったいない時間と言えそうな気がします。
遺伝子的には心臓や血管の脆い家系のようですが、命
丸ごと戴いた我が身です。77歳を迎えることが出来た
ら、それはそれで万々歳と言えましょうか。

 ところで厚生労働省が9月13日(火)に100歳以上
の高齢者が昨年9月15日時点より4124人増え、6万
5692人に上ると発表しました。
住民基本台帳に基づく集計で、46年連続で過去最多と
なります。此の中で女性が87、6%を占めています。
1998年に1万人を超えたと聞きましたが、2012年に
は5万人超え、今や上記の如く6万5692人もの多勢で
す。国内最高齢女性は116歳の田中ナビ様(鹿児島)
男性は112歳の吉田正光様(東京都大田区)です。
 今年度だけ見ても100歳を迎える人は昨年度より
1368人多い3万1747人(9月15日を統計日とする)と
見込んでいます。
 此の数字を記憶しきれませんが、ご近所の高齢者の
方々を思い浮かべ、先ずはご祝辞を述べたいと思いま
す。ガン闘病者が増えたと毎日のように聞いていまし
たが、日本全体を調べた結果は確実に100歳超えた人
が増えたことが解りました。
一人一人の健康度は解らないのですが、願わくば寝た
きりではなく、生きている毎日を少しでも享受して下さ
ればと思います。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精神障がい者の運動能力を社... | トップ | おしろい花は お母さんの匂い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む