日々の暮らしを記憶に刻む

 日記、詩、短歌、読書録など焦らず無理せず書き続けています。
傍ら移りゆく社会及び地域の有り様を綴るブログです。

立冬の「うたごえ広場」盛況でした

2016-11-07 20:31:09 | うたごえ広場
  午後から定例「うたごえ広場」へ

*冬立つ日ぬくぬく猫は痩せもせで
    欠伸で送らる「うたごえ広場」

*連れの居ぬ「うたごえ広場」盛況に
    久々歌うロシア民謡
            みどり詠う


 東京周辺、立冬以降は気温が急激に下が
るような予報でしたが、厚地のコートは必要
ない暖かさでした。
常ですと「うたごえ広場」の始まる14時よ
り20分ほど前には、2階会場の椅子に坐して
いるのですが、今回はギリギリでした。
階下の図書室に本を返却がてら、新たに探す
本があったのです。
 会場は満席状態のように見えましたが、幸
い前の方に空き席が二つ残っていました。
遠慮がちの方々が前の方の席を避けたような
具合でしたので、思い切って座りました。
高齢のご婦人が即座に続いて下さったので、
会釈しながら司会者の開会のご挨拶に拍手で
応えることができました。
室内の程よい暖かさが、声にも影響したのか
比較的歌いやすい日となりました。

司会者&指揮者 若原 弘道氏
アコーディオン奏者 岩田百郎氏

第一部 昭和の流行歌選集 叶 弦大 

1 下町育ち 2 友達の唄 3 夜明けの停車場
4 昔の名前で出ています 
5 もう一度一から出なおします 6 北へ

第二部 参加者リクエスト曲 一覧138曲から  

* 砂山(主催側かんあおい選曲)
1 知床旅情 2 ともしび 3 北国の春
4 紅葉(もみじ)5 あざみの唄
6 島原の子守唄 7 とんがり帽子(鐘の鳴る
丘ー主題歌)8 港が見える丘 
9 心の窓に灯火を 




『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深まりゆく秋にー銀杏並木と... | トップ | シルバー川柳 ポプラ社より »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

うたごえ広場」カテゴリの最新記事