「お気楽」のお気楽なコメント

山登りや山スキー・競技スキーの話題、日常の出来事を感ずるままのコメントで書き綴ってます。

雲ノ平(2016年7月29~30日)

2016年08月22日 | 山登り
今年の夏山は北アルプスのここ ↓ にいってみたい・・・

やはり夏になると北アルプスを歩いてみたくなる。


7月はトレーニングで高尾山~景信山あたりを毎週末に出掛けて足慣らし。
ま、少しは歩けるかな。。

で、まだ行ってなかった雲ノ平と水晶~野口五郎間の稜線を歩いてみたくなり、
とりあえず北陸新幹線に初めて乗り富山に前泊して折立から入って出来れば1泊で雲ノ平を
経由して高瀬ダムまで抜けようという計画で。。




山行記録 ↓

1日目
2016年7月29日(金)
折立7:35~三角点8:50~太郎平小屋10:45/11:10~薬師沢小屋12:50/13:05 ~
アラスカ庭園15:25~雲ノ平山荘16:00

富山平野はピーカンに晴れて富山駅から折立行きのバスの中から剱も見えていたが折立に来ると曇り、
やや湿気が多い中涼しいのに大汗掻いてまずは三角点まで。
今回は小屋泊りにしたので荷が軽くてまずまず足が動く。





寡雪の影響からか花の時期も早かったようでチングルマはほとんど穂に・・




雲が多いながらも雨は降らず太郎平小屋に到着。ここで食事休憩。





かなり下って薬師沢小屋に到着。




雨がポツポツしてきたが予定通り雲ノ平まで行くことにした。この吊り橋結構揺れた・・





かなり苔むした滑りやすい道をぜーはー言いながら登るとようやく木道が現れ、雲ノ平の一角に・・




残念ながら曇っていたが涼しくて快適




木道をしばらく歩くと本日のお宿雲ノ平山荘が雲の中に見えてきた



雲ノ平山荘からの景色①祖父岳方面



雲ノ平山荘からの景色②



雲ノ平山荘はやや混雑していたがほとんどの人が布団2枚に3人程度で寝れたようで、あたしは1枚まるっと
使えて寝れたのでラッキーだった。






2日目
2016年7月30日(土)
雲ノ平山荘4:15~祖父岳6:10~岩苔乗越6:55~水晶小屋7:40~東沢乗越8:20/8:35~
竹村新道分岐9:50~野口五郎小屋10:40/11:05~烏帽子小屋13:30/13:45~高瀬ダム17:15

さて早出してガスの中ガシガシ歩こうと思ったら・・まさかの小雨!!
テンション下がって出発もやや遅れた・・
祖父岳の登りから雲ノ平を振り返るもガス多し。雨はあがりつつあって安心。




祖父岳山頂 標識の字が消えてる・・・この辺りは携帯が通じるのでスマホをいじりながらゆっくり登ってきたのでした。
※注 DOCOMOの場合です。。




祖父岳の下りでガスの中からワリモ~鷲羽の稜線が見えてきた。



岩苔乗越に到着。。。予定通り裏銀座歩きにGO




以前来た時に綺麗だなと思った花はまた同じ所に再訪した時に綺麗に咲いていると嬉しい





水晶小屋までの登りをクリアー。 また天気が悪くなる。





しかしやっと天気が回復。東沢乗越までの下りは道が悪かったが天気良くなると気分も上々。
水晶~赤牛の稜線も見えてきた。




水晶もいい姿です




これから向かう野口五郎方面の眺め




赤牛も姿を現してきた




野口五郎岳への最後の登り。真っ白な稜線が特徴的ですな~





やっと野口五郎の山頂




野口五郎小屋で食事休憩





野口五郎からは比較的アップダウンの少ない稜線
三ツ岳から烏帽子小屋にかけてはコマクサが数多く咲いていた。ここも以前と変わらず嬉しい。




烏帽子小屋に到着

これからブナ立尾根を高瀬ダムまで下っても問題無い時間だったので下ることにした。
最後の下りは結構しんどかったが、なんとか高瀬ダムに到着。


家まで帰れないこともない時間だったが、ここはゆっくり七倉山荘に泊まる。
七倉山荘はスゴイ綺麗で温泉にゆったり浸かりノンビリ食事する。やはり下界はいい


翌朝大町から電車で無事帰宅。



久々のややロングな山歩きだったが、やはり小屋泊りの装備だと軽くて楽だった。
天気イマイチながらも肝心な所は景色が見えて満足。暑くなくて良かった

この夏あと一回位は北アルプスのどこかに行かねば・・






←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳(赤岳)日帰り(2016年6月4日 土曜日)

2016年08月21日 | 山登り
梅雨入り前の晴天は逃さず山に・・・ということで
日帰りで八ツの赤岳に。

13年前の全く同じ時期にやはり赤岳に日帰りで行ってた自分の記録を参考に
同じルートを辿ってみてきました。。



2016年6月4日(土)
美濃戸6:55~行者小屋8:45/9:00~赤岳天望荘9:50~10:10~赤岳山頂10:40/11:00~
(大天狗・小天狗寄り道/30分)~行者小屋12:20/12:40~美濃戸14:15


美濃戸まで車で上がったものの駐車スペースはギリギリで停められた。
以前と違い入山者が多くてビックリ。雰囲気も賑やかになっていた




行者小屋までの登りはダラダラ長くてかったるい。やっと到着。。体調イマイチでもう疲れた。。




行者小屋から急登の途中で展望が開ける。 北アルプス方面がなんとか見えた。



地蔵の頭で稜線に出て眺めも良くなる。しかし体調イマイチでなんとなくふらっとしたため
ここで小休止。




ザレた登りももう一息で山頂



やっと山頂に到着。かなりの賑わいでビックリ。




天気は下り坂ながらなんとかもってくれました。



山頂からの景色









下山は大天狗・小天狗の近くまで寄り道して
たかやん最期の場所で手を合わせてから下る。



下りは写真をあまり撮ってないので省略・・

13年前と比べて人が圧倒的に多くなっていたのと、稜線に花が咲いていたのがほとんど
見られなかったのが残念。今年の気象のせい?それとも植生の変化?
いずれにせよ残念でした。
下りの階段道もやはり結構朽ちていた所も多く歩きにくくなっていた。


体調イマイチながらなんとか赤岳に普通に登れたので良かったでした。




←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久々に普通っぽい山登り 乾徳山(2016年5月21日)

2016年08月18日 | 山登り
久々の更新です。。
なんとか生きてます。山もボチボチ登ってます・・。

いつの話だ・・ってとこだけどせっかく写真撮ってたので軽くUPです。
お盆休みが長かったのでレポ(写真並べただけの)3つ書きます・・まずはひとつめ。。




山行記です ↓

しばらく簡単な山(高尾山はちょくちょく)しか行ってなかったので少しはマジメにやらねば・・
と思っていたが、、いきなりキツイのもどうかと・・・手頃ながら少しきつめで出来れば近場で・・
でも楽しめるとこ・・で、行ったことないとこ・・とかいろいろ考え、決めたのがこの山でした。


2016年5月21日(土)
乾徳山登山口6:25~国師ヶ原7:40~乾徳山山頂8:50/9:15~(下山道経由)
国師ヶ原10:15~乾徳山登山口11:10


まずは車で眠い目をこすりながら運転。出来るだけ上の方に停めようとして駐車スペースを探し、
うまく停められました。
細い車道のような道を少し歩くと登山口。



樹林帯の中をずーとゆっくり歩くとようやく景色が開ける。ここで一息。天気まずまずで快適♪



やっと山頂方面が見えてくる・・・いい眺め。




ツツジも綺麗に咲いてます。




癒されますね。。



樹林帯から完全に抜け展望が開ける



他ルートからの合流。




扇平。晴れて気分上々。




さて、最後の有名なクサリはどんなとこかと思ったが、、大したことなく拍子抜けで・・
山頂へ到着



晴れてはいたが若干霞みが・・。










残念ながら霞みで富士山は見られなかったが眺望は満足でした。





下山は登りと違うルートの下山路で下ったが道が良くないし飛ばせない・・
混んでなければ登りと同じ道で下った方がいいでしょうね。




半年ぶり位の久々の山登りであったが思ったより体力が落ちてなくて良かったかな。
夏山にむけて徐々に体力を向上させないといかんです。




←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末のスキー大会の結果は・・

2016年02月24日 | スキー

土日は栃木県の2か所のスキー場で珍しく連戦で出場

結果は・・・・
まず20日土曜日
気温が上がりコースは荒れた状況。
長めのコースで割と振ってある嫌いなタイプの設定。
インターバルが短くターンが忙しくて余裕が無いと思っていたら
実に久しぶりに「やっちゃった」って感じでスルーゲートに一瞬
「あれ?」何が何だか理解出来ないうちにコースアウトでDQ。
何十年ぶりだろ・・・DQ
この日のセットは小学生でも間違えてなかったよ・・・
インスペクションをマジメにやらなかったのと、短いインターバルで
ターンに余裕が無く先のゲートが見えてなかったのが敗因でした。

その日はAMで上がって早めに宿にチェックイン。温泉に浸かって翌日に
備える。



21日 日曜日
この日も2本の合計でタイムを競う。セット替え無しとのこと。
自分のクラスの参加人数が少なく何か貰えそうな可能性大。


前日の雨が朝方の冷え込みで硬めのいいバーンに仕上がっていて
天気も回復していい感じ。


とりあえず1本目は安全策。
しかし向かい風が強くてワンピでも風の抵抗が強く感じられた。
ちょっと安全策過ぎたか不完全燃焼な滑りだった。
2本目は少し気合入れ急斜面も無難に乗り切りゴール。
結果はなんとイチバン!



表彰台のイチバン高い所に乗ったがなんとなく照れくさく居心地悪い。
やはり自分は2番か3番が好きなタイプであった。

ま、今回はたまたま出場者が少なくいい思いをしてしまった



←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軽井沢 岡部哲也GS CUP

2016年02月05日 | スキー
日曜日(1月31日)は軽井沢での大会へ。
ここ何年か連続出場しているこの大会。

今シーズン最初の大会参加です


朝から自分が滑り終えるまでは曇っていたがレース終盤はいい天気に



前日の降雪で綺麗な霧氷が




天気良くなると素晴らしい





でもって表彰式

これは一般女子選手の表彰式



あたしももらえましたよ賞品


そして表彰状




今回はまずまずの人数の参加での入賞は嬉しかった。久々に賞状や賞品をもらえました
練習不足・体力不足で、さほどいい内容の滑りとは思えなかったが・・・


RESULTはこちら


******************************
今回のセットはやや短いインターバルだがさほど振ってなかった感じ。
上体は正面を見据えながら下半身の動きだけで板を回せたイメージがやっと出来た感は
あったのが良かったか
あと、板を変えたのだが、これが意外に扱い難かった・・が、キチンと乗れた時の切れと
走りがいい感じだったのが良かったか・・・・
人数まあまあいた割にはそこそこの結果、いつもの上位常連組と1~2秒差だったのは意外
以上備忘録




←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今シーズン初ゲートトレ

2016年01月11日 | スキー

ひさしぶりの更新です。
昨日は今シーズン初のゲートトレで車山に行ってきました


今シーズンはどこも雪不足で「かたしな」に行くつもりも雪不足で迷った末ここにしました。
車山から比較的近くに住んでるShun君と現地合流です。

今シーズンのスキーは2日目だけどあまりの体力不足な自分にガッカリ
ゲートトレはフリーで滑るより3倍位体力使うようで午前午後で計3時間だけで
ヘロヘロになってしまった。。
ま、最近ダラダラ生活だったので仕方ないですが・・・

しかしいい練習になりました。
<備忘録>今回指摘された事項
・ターン後半ゲート過ぎてから上体が山側に傾く、意識して谷側に寄せる
・ターンからターンへと繋ぐ意識で(板を引き寄せるような動作はしない)
上半身(特に背筋の強化要・体幹トレ必要)




天気は良かったのでいい気分転換&ストレス発散になった




車山山頂



甲斐駒方面



富士山&八ツ・蓼科方面





←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝優勝! ヤクルトスワローズ

2015年10月03日 | Weblog
ヤクルトスワローズ優勝しました!

今年は開幕から神宮に多く足を運んで応援した甲斐があった


昨日の歓喜の時です。雨で前日流れてチケット買い直しとなり何とかゲットして見れました
何とか延長で決めてくれて良かった









今シーズンの観戦を振り返ると・・・・・


まずオープン戦のイベントで神宮球場のグランドに入れるイベント

まだ寒かったし花粉の飛び交う時期だった。



つば九郎とドアラと一緒に写真撮れるイベント
(抽選で当たっちゃいました 高倍率だったようで)うちの奥様のくだらなさに付き合うのも大変です。




トルクーヤとも写真撮ってもらった




夏は花火が打ち上げられ盛り上がる




で、夏はやっぱビールですなー

神宮でよく頑張ってるお姉さんです



ホームだけでなくビジター球場も応援に・・・
まずは、遠路はるばる甲子園にも応援に、しかし、、9月20日の試合はボコボコにやられました。
このアウェイ感がスゴイ!

でも阪神ファンはコテコテでおもろいですなー。ヤクルト応援傘広げたら珍しがられました。




優勝争いも大詰めの9月27日の東京ドーム
ビジター応援席のヤクルトファンの応援は凄かった。こんなに気合入るんだという熱気がスゴかった。

この試合でマジック点灯。優勝がやっと近づいた大事なゲームだった。


そして、優勝ペナントを手に入れた



真中監督もよくやりました





このままCS&日本シリーズも勝ち抜いてもらいたい





←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

茅ヶ岳に

2015年06月21日 | 山登り

100名山を登り終えたら行こうとは思っていたがなかなか機会がなかった
茅ヶ岳。


週末は山に行く計画は立ててたものの天気予報が悪くて一旦は中止したが、、
前日の予報は雨マークが消えたので急遽出かけることにした

最近車で行くのは朝の運転がどうも眠くてキツいので、公共交通機関を利用
出来そうなので電車とバスで。



<記録>2015年6月20日(土)
深田記念公園駐車場9:18~女岩~深田久弥先生終焉の地10:38~

茅ヶ岳山頂10:48/11:02~千本桜12:10~ハイジの村クララ館13:10



スーパーあずさ1号で韮崎まで行ってそこからバスで深田記念公園の登山口へ。
駐車場は満杯にはなっていない。

準備して早速スタート。
だらだらの樹林帯の歩き易い道
女岩で休もうと思ったが立ち入り禁止で水も汲めないのでそのままスル―。

前日の雨で急坂になってからは少し滑り易い所もあった。
急登となってペースダウンしながらも尾根伝いに少し進むと深田久弥先生終焉之地
の標識。ここで合掌して更に登る。




一度も休憩しなかったので最後は少し足に来たがなんとか山頂に到着



一応自撮り


残念ながらガスって眺望無し。静かな山頂だった
ちょっと休憩して早速下山開始、天気がイマイチなので金ヶ岳には向かわず下山
することに・・

どこかで温泉に入りたかったので、下りは千本桜を経由してハイジの村クララ館
に行くルートを取る。
千本桜までは道は細く急な下り。道は悪く無いが誰にもすれ違わずひっそりと
していた。


途中で撮ったアザミ


千本桜からは道が分かり難いが地図にも道が不明瞭だったがロスなくハイジの村
クララ館に到着。
しかし振り返ると天気が回復してるではないか・・・



南アルプスの眺望のいい温泉にゆったり浸かってからバス&電車で帰路へ。


明るいうちに家に到着出来た
やはり電車&バスだと帰りが楽々だった。。



←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015GW 奥大日岳カガミ谷&雄山から御前谷 山スキー

2015年05月06日 | 山スキー
今年のGW前半は結局立山に。。

火打や白馬かとか迷ったが同行のTAKUちゃんがルンゼ系を滑りたいとの希望で、
選んだのが奥大日手前からのカガミ谷で帰りに雄山からの御前谷とのこと。
ま、あまり登りがキツく無さそうだし、何より温泉でゆったり出来るのでこの
行先で決定。



<山行記録>

1日目
2015年4月29日
扇沢~室堂~雷鳥荘~室堂乗越~奥大日岳~カガミ谷滑走(登り返し)~雷鳥荘


扇沢から始発のトロリーで到着。空いてたので楽々だった

それにしても今年は稜線付近の雪が少ない・・・



宿泊先の雷鳥荘に不要な荷物を置いて出発。奥大日岳を目指してまずは室堂乗越方面へ



目指す奥大日岳をバックにTAKUちゃん



同じくあたし





ガスも取れて剱も顔を覗かせる



山頂付近から高原バスルートもくっきり見える



奥大日岳手前ピークに到着。 いい眺め
山頂までは急斜も多かったがほぼシールで登れた






ドロップポイントチェックちう
山頂付近の雪庇は巨大でドロップ出来そうなのはかなり下の方に・・・



ドロップポイントにて気合十分のTAKUちゃん、アドレナリンが貯まりまくってた
そうで発射寸前、心おきなくイっちゃってね



しかし、、コンディションは悪く・・デブリが多いし、ドロップポイントで斜滑降で
少し切ったら表面綺麗な所は湿雪雪崩がデロデロと流れる。それを見てビビり、、
逃げたら雪庇の真下に行ってしまった




なんとか最難所を通過




雪の状態悪く満足な滑りをさせてくれなかった斜面だった




やっと安全地帯でホっと。




そして、、ここからコル目指してキツ~イ登り返し

最後は四つん這いでやっと稜線へ


稜線からロッジ立山連峰まで滑り、また登り返し。。
ペースダウンで宿には遅めの時間の戻りとなってしまった。






2日目
2015年4月30日
雷鳥荘~一ノ越~雄山山頂~御前谷~黒部湖~扇沢


快適な雷鳥荘にてゆったり宿泊。
前日より更にいい天気の中出発



室堂には向かわず雷鳥沢の上に少し降りてショートカットで一ノ越へ




雄山への登りは雪が全く無く夏道。稜線はホント雪が少ない。
登りで荷の重さで手こずってしまった。

雄山山頂より笠や槍方面をバックに記念撮影




同じく大汝・剱方面




同じく室堂&前日の奥大日岳方面



さて、社務所前よりドロップ、正面は雪グサグサでクラック多いのでやや右へ



斜度はそこそこ。。だが、、




グサグサ雪でクラックも多く更に縦溝も有りで滑り難い



しかし広々した斜面なので状態のいい所を選んでいける



御前谷を滑るのは4度目だがイチバン好きな場所がココ
後立山に向かって滑る抜群のロケーション



晴天だと最高です



いい眺めを満喫しながらの休憩




トラバース後に最後の鉄塔のある尾根への登り。ここもグサグサでシンド



尾根でタンボ平&ロープウェイを眺めながら大休止




最後の消化試合をこなして黒部湖沿いの道へ無事到着




前日に少し氷のあった黒部湖もすっかり緑色に




この後中国系の人達で大混雑のトロリーで扇沢へ戻った。

帰路は山菜を採取しながら家路へ





今回はいたる所で雪がグサグサ&ザブザブでしかも縦溝も多く板を引っ掛け易い嫌な
コンディション、カチカチの方が好きなんですが・・・。

危なそうな場所でも状態次第ですな~。。

安全第一でゆったり滑ってきました




←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひさびさの谷川芝倉沢 山スキー

2015年03月29日 | 山スキー
今年は何かと仕事が忙しく、体調もイマイチでまたまた出遅れてしまった
山スキー。
結局ソロになってしまったが何とか行ってきた


<山行記録>
谷川RW 7:30~天神平7:45/8:10~熊穴沢避難小屋9:00~トマの耳10:45/11;20
一ノ倉岳12:50/13:15~虹芝寮付近13;50~土合橋14:50


谷川RW7時の始発に乗る予定だったがRWが点検のため出発が遅れる。
20分経ってやっと改札。しかし。。忘れ物して車に戻ったりして・・
間引き運転のため更に天神平到着遅れ、、
1年振りの山スキーで準備がイマイチのため出発に手間取りまた遅れる。
西黒尾根から早朝出発したかきささ軍に肩の小屋でMEET出来るかと思った
がこれでは無理か。。


天気は雲が少しあるがまずまず。暑くもなく寒くもなくイイ感じ

天神尾根からの谷川岳


今年は雪の量はまずまずか尾根伝いの雪もキチンと付いている。


やはり人は多く山スキー・ボーダー・登山者と色々。

熊穴沢避難小屋



久々なので体の動きは悪く、休み休みでやっと肩の小屋




そして山頂



まだノートラックのマチガ沢。条件良さそうでやはりここにしとけば良かったかも・・




万太郎方面の稜線


トマの耳まではずっとシールだったが、山頂からはオキの耳をトラバース気味に
歩きノゾキから汗掻きながら最後の登りで一ノ倉岳に。最後は足元ズボズボで苦戦した。
ホントはまだ行ったことが無い茂倉谷を滑りたかったのだが、ここの登りで体力不足
を感じて芝倉沢を滑ることにした。



芝倉沢ドロップ地点




芝倉沢は稜線直下は少しアイスバーンもあったがそのすぐ下は快適なパウダー
降雪から3日位経っていたがさすが北斜面、賞味期限は切れていなかった

走りもいい締まりパウダーで快適にシュプールを描く




ノドの下まではイイ感じが続いた



しかし、高度を落とすとストップスノー気味になりターンが疲れる
ま、春はこんなもんでしょう。
天気は尻上がりに良くなって暖かな日和



最後は湯檜曽川沿いに「歩くスキー」
スノーシューでガイドツアーらしき人を何グループか見かけた。

最初はゆったりノンビリ歩きながら楽しんだが、長くてかったるくなったころ
ようやく土合橋に到着。板と荷物をデポしてRW駐車場に車を取りに行き戻って回収。


帰りは水上温泉でゆったりしてから家路についた。






←応援でぽちっとよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加