お気楽綴り の はずがない

痩せて第二の人生を歩みたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パキスタン旅行記(旦那版)

2007年05月02日 | パキスタン
旦那が犯してしまった過ちを、叱ったところで、元には戻れません。
注意したところで、直らないと確信した私です。

今日は、パキスタンの我が家を紹介します。

事前にお断りしておきますが、旦那は写真を撮るのが 超、下手 です。



どちらにするか下手過ぎて、選べなかった。 
こんなのばかり…

家の前が、広場になっている為、日当たり良好。
なぜか?牛が放牧されています。
この牛たち、市民権を得ていて町中の至る所に出没しています。

パキスタンの一部屋の大きさは、最低でも10畳以上。
リビングは30畳近くあります。
日本に帰ってから、部屋のサイズが違い過ぎる為、
『狭い。まったく狭い…』 と、旦那は嫌味を連発していました。

築7年、旦那が独身時代に稼いだお金で建てました。
旦那は結婚を機に、パキスタンに住む気でいましたが、私は日本を離れられないし、離れたくないので、現在は弟夫婦に住まわせています。
近所に兄弟たちが住んで居るため、おそらく溜まり場になっている事でしょう。
しかし、旦那が建てた家。旦那の物は私の物。
是非、パキスタンにお越しの際は、ご利用下さい。私は居ませんが。

続いて、我が家の自慢の風呂。



ほとんど、誰も使っていないから綺麗です。
現地の人達はシャワーや掛け湯を利用している為、日本スタイルは受け入れられないようです。

パキスタンに行けば、今より遥かに広い家に住める。
上手くいけば、3食昼寝付きも夢じゃない。

しかし、そう簡単に日本は捨てられないものです。 日本、万歳

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰りました | トップ | 買物 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い (シンフー)
2007-05-02 15:40:50
わんこサン、パキスタンに帰ったら(帰る=この表現正しい?)
奥様なのねぇ 凄~い

それにしても、これだけの豪邸
いくら物価が安いパキスタン といっても、かなりの金額になるよねぇ
旦那様、働いているじゃん

そういえば… 兄嫁もフィリピンにを建てたらしい

1つ気になるのが、場の写真。
これだけの浴槽に水を溜められるほど、水事情は良いのですか?

次の写真。楽しみに待っています
水事情 (わんこ)
2007-05-02 19:24:36
私が訪れた時に水は止まる事は、ありませんでした。
しかし、お湯は出なくなる事が多々。
シャワーを浴びていて、急に水になった時の冬場はアウトです。
パキスタンは電力事情が悪いと思われます。
豪邸だあ (くりねずみ)
2007-05-03 15:05:45
そうかあ、パキスタンに行けばここに泊れるのね。
旅行で行ってはみたいが、短期ステイは出来るかもしれないが、永住は、、、考えちゃうね。。。
この豪邸に比べたら、今日見学したモデル住宅は子供部屋だわ。

コメントを投稿

パキスタン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。