きものレッスン お着楽とんぼ   

阪急宝塚線 川西能勢口駅前 徒歩3分 パルティK2北棟1F 「P・ステージ」 毎月第1・3木曜日14:00~15:30 

ひとり京都「驚きの明治工藝」&「漢字ミュージアム」

2016-12-23 17:25:02 | 鑑賞

今年最後の京都行き。いつもは友人や夫と行く事が多いのですが、

久々に、ひとり京都です。

ランチは、創業昭和2年の祇園四条にある「権兵衛」で、きつねうどんにしました。

白洲正子さんは、この店の親子丼が好みだったとか。

お蕎麦も有名なのですが、この日は、おうどんの気分だったので…。

 ランチ後は25日に終了する「驚きの明治工藝」を鑑賞するために細見美術館へ大急ぎ💦

明治時代になって、幕府や大名の後ろ盾を失った職人たちが、政府の殖産振興、輸出政策により、

工芸品として新たな制作の方向を見出し、高度な技術性が海外での博覧会で絶賛されました。

海外に流失している作品が多いので残念です

この展示物、全てが台湾人の収集家お一人の物でした。

今回は写真OKで太っ腹

金属なのに本物ソックリで自在に動かすことができて形が変わります

磁器や、天鵞絨友禅も素晴らしかったです。

 

 

 

細見美術館を跡にして、祇園四条へ戻り「漢字ミュージアム」へ。

今年6月末にオープンして、気になっておりました。

受付正面には、1995年からの年末恒例行事、清水寺貫主の筆による、

今年の文字「金」が展示されていました。2012年も「金」だったのよね~。

館内は漢字の歴史や、漢字で遊べるコーナーもあり、大人も子供も楽しめますよ~

改めて「漢字って面白い」と思いました。

大急ぎで観たので、また、行こうっと

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラオケ歌謡祭2016 着付け | トップ | 2017年初春 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。