沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

芸の道へ思い新たに 「若衆芸術祭」表彰式

2017-04-29 22:06:03 | ニュース

第1回おきなわ伝統芸能「若衆芸術祭」(琉球新報社、沖縄芸能連盟主催)の表彰式が28日、那覇市の県男女共同参画センターてぃるるで催された。

県知事賞、若衆大賞、選考委員長賞、若衆選奨に選ばれた児童生徒に賞状が手渡され、芸の道にまい進する思いを新たにしていた。

同芸術祭は3月30日から4月1日まで浦添市の国立劇場おきなわで開かれた。

舞踊の県知事賞を受賞した宮城流豊舞会(とよむかい)の仲地彩葉(いろは)さん(宜野座村立宜野座中2年)は「受賞の実感が湧いてきた。将来は観光の仕事をしながら舞踊を続け、沖縄を訪れる人々にも(芸能を)広めたい」と話した。

玉城秀子沖縄芸能連盟会長は「緊張感があり、成長が感じられる舞台だった。皆さんが情熱を持ち続けられるよう応援したい」とあいさつした。

5月2~8日(土曜、日曜休み)の午後5時40分ごろから、ラジオ沖縄の番組「アイランドトゥデイ」内「子ども会ラジオニュース」で県知事賞、若衆大賞の受賞者が紹介される。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AKB48総選挙「楽しんで... | トップ | 沖縄県、本年度観光目標95... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。