沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

夜空に月虹(げっこう)、幸せアーチ 石垣島天文台撮影

2016-10-18 05:57:04 | ニュース

 

満月の光で夜空に現れた月虹=16日午後8時50分ごろ、石垣島(石垣島天文台提供)

 【石垣】国立石垣島天文台(宮地竹史所長)は16日午後7時すぎ、満月の光で現れた虹の撮影に成功した。天文台は「夜空が暗く空気が澄んだ条件が必要な珍しい現象」と説明。空の状態を監視する天文台のスカイモニターカメラが同7時6分から約15分、竹富島と小浜島の上空に大きな虹を写した。同8時50分ごろにもアーチ状の虹を撮影した。

 「月虹(げっこう)」という現象で、月の光が大気中の水滴で屈折し虹となって見える。実際の肉眼では辺りは暗く、虹の姿は薄く白い。写真はカメラの露出を上げて撮影された。

 天文台は「町の光が明るいと反射して見えない。八重山だからこその現象。月虹は幸せを招くといわれる。東日本大震災の翌年にも見られた。熊本や岩手などの被災地が早く復興して早く幸せが訪れてほしい」と願った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <東京五輪>空手の沖縄開催... | トップ | 幻の新聞「新沖縄」の原紙発見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。