沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

県系4世イングさん 島言葉、ハワイで歌う 伝承誓いCD発売

2016-10-17 10:39:30 | ニュース

 

ハワイで話題となっているうちなーぐち音楽アルバム「Tiich」(てぃーち)を作詞作曲したブランドン・イングさん

******************************************

米ハワイ州在住の県系4世、ブランドン・イングさん(33)がこのほど、ハワイアンポップスにうちなーぐちの歌詞を乗せた音楽アルバム「Tiich」(てぃーち)を発売し、ハワイで話題になっている。CDは「がちまやー」「しまくとぅば」「たーやが?」など6曲を収録している。

「しまくとぅば」という曲は「わったーうちなーや むとぅから 国どぅやたる」(私たちの沖縄はもともと国だった)で歌い出す。サビの部分で「しまくとぅばわしねー くにん わしゆん、くにわしねー うやん わしゆん」(島の言葉を忘れたら国を忘れる。国を忘れたら親を忘れる)と歌い上げ、うちなーぐちを伝承する大切さを訴えている。

イングさんは、2009年度にウチナーンチュ子弟等留学生受入事業で来県し、三線を学んだ。留学終了後もALT(外国語指導助手)として那覇市の金城小学校、城西小学校、城東小学校で勤務し、小学生に英語を教えた。


音楽アルバム「Tiich」(てぃーち)

小学生がうちなーぐちを分からないことを寂しく思ったイングさんは、11年に英語とうちなーぐちを同時に学べる「レッツ・シング・ウチナーグチ!」を作詞作曲し、同期の留学生らに頼んでアニメも付けてもらった。「うちなーぐちを教えたいが、教える時間がない」という同僚教員の悩みも解消するため、英語の授業でうちなーぐちも教えた。

イングさんは「うちなーぐちがなくなると、沖縄の文化もなくなると強く思っている。そうなったら、私たちは『ウチナーンチュ』じゃなくなるから、うちなーぐちをとても大切だと思っている」と話した。

県内では、那覇市国際通りの丸高ミュージックで販売中。ヘルスクリーン・オンラインショップもインターネット販売している。問い合わせは丸高ミュージック(電話)098(867)1242、ヘルスリーン・オンラインショップ(電話)098(886)0708。/(稲福政俊)

******************************

三線は沖縄三線.comでどうぞ。

激安三線?!とりあえず1本、練習用にどうぞ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾で沖縄アートフェス 3... | トップ | <東京五輪>空手の沖縄開催... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。