沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

鉄軌道ルート案の決定に遅れ 沖縄県、評価項目の算出に時間

2016-10-12 06:18:17 | ニュース

沖縄県議会の公共交通ネットワーク特別委員会(玉城満委員長)が11日開かれ、県が導入を検討する鉄軌道の構想計画で、年内の目標にしていたルート案の決定が先送りされることが明らかになった。

県は時期を明確にしていないが、年度内から来年の春ごろにもずれ込む見通しだ。ルート案が7案に増えたことなどで作業が遅れているのが要因。県交通政策課の武田真公共交通推進室長が翁長政俊氏(沖縄・自民)の質問に答えた。

鉄軌道ルート案

交通政策課は、ルート案が当初の4案から県民意見を取り入れて7案に増えたことで、需要予測など評価項目の算出に時間がかかっていると説明。ルート決定までには、県民意見を募る手続きもあるため、年内の決定は困難だと判断した。

5段階で進める鉄軌道の構想計画は三つの委員会で構成。今月末に開催する鉄軌道関連の委員会で、7ルート案の需要予測や採算性などを算出し、比較する4段階に入る。

構想計画は最終的に翁長雄志知事が決める。事業主体などを決め、2020年の着工を想定している。

翁長知事は8月10日の国庫要請で、国に「上下分離方式」の導入に向けた特例制度の創設や、国が主体での鉄軌道計画の早期実施を要請した。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒョウモンカワテブクロ世界... | トップ | 国王、王妃に認定証 28日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。