沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

ヒョウモンカワテブクロ世界初展示 沖縄美ら海水族館

2016-10-12 06:02:11 | ニュース

沖縄美ら海水族館は6日から、世界で初めてヒトデの一種「ヒョウモンカワテブクロ」を展示している。31日まで。
2個体を展示しており、今年4月に本部町沖で、8月に恩納村沖でそれぞれ採取した。

同種でも個体によって色はさまざまで、主にインドネシアからフィリピンの浅い海域に生息しており、直径約20センチのコブヒトデの仲間。沖縄美ら海水族館によると、琉球列島で見つかるのは非常に珍しく、1933年に八重山で採取されて以来、数例しかないという。

昨年3月に和名が付けられたのを機に、展示に至った。同館魚類チームの谷本都さんは「ここでしか見ることができない。この機会にぜひ足を運んでほしい」と呼び掛けた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第40回沖縄の産業まつり 2016 | トップ | 鉄軌道ルート案の決定に遅れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。