沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

「がんじゅーやいびーたんなー」(元気にしてましたか?) 24市町村で県人歓迎会

2016-10-29 08:37:50 | ニュース

第6回世界のウチナーンチュ大会2日目の28日、来沖している海外県系人を歓迎する交流会が24市町村で開催された。交流会では海外県系人がそれぞれの国・地域の歌や踊りを披露。地域の人々はエイサーや空手などでもてなした。海外県系人は出身市町村への帰属意識が強く、地元の歓迎を喜んだ。

250人の宜野湾市民と海外県系人が交流した「世界のジノーンチュ歓迎の夕べ」は「かじゃでぃ風」で幕を開け、沖縄国際大エイサー団体の琉球風車や宜野湾を拠点に活躍するカチンバ1551などが踊りや演奏で歓迎。沖縄市の会場には8カ国1地域から県系人206人を含む343人が参加。県内で研修中の県系人3人が自身のアイデンティティーについて発表した。

「世界のナグンチュ歓迎会」は名護市民会館で行われ、約650人が参加。アルゼンチン生まれで県系2世の歌手・大城クラウディアさん、沖縄名護ジュニアコーラス、振慶名エイサーなどが出演し盛り上げた。

来沖している米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は、ルーツがある西原町の交流会に出席。上間明町長と記念の一斗瓶(がめ)に泡盛を注ぎ込み「次は5年後の再会を」と誓った。うるま市では泡盛の仕込み式が行われ、古酒(くーす)甕(がーみ)を市長室に保管し、5年後に再会して酌み交わすことを誓った。

南城市は各国の南城市民会代表者に記念プレートを手渡した。

沖縄市の歓迎パーティーでカチャーシーを舞い、交流を確かめる参加者=28日午後、ミュージックタウン音市場(又吉康秀撮影)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 那覇-宜野湾 鉄軌道は地下に... | トップ | 国王任命の冊封儀式再現 首... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。