沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

台湾カードで日本円引き出し 沖銀と道銀がATM利用で相互提携

2017-03-06 20:31:09 | ニュース

沖縄銀行と北海道銀の提携で県内に初めて設置された「海外発行カード対応AM」=6日午前、那覇市の沖銀本店

********************************************

沖縄銀行(那覇市、玉城義昭頭取)は6日、台湾の18金融機関が発行するキャッシュカードで即時に日本円が引き出せる「海外発行カード対応ATM(現金自動預払機)」を県内2カ所に設置した。北海道銀行(笹原晶博頭取)がインバウンド(訪日観光客)対策として導入しているサービスで、沖銀と道銀の提携協定の一環として沖縄での初設置が実現した。

沖銀の伊計衛専務と道銀の山川広行副頭取は6日午前、双方の顧客のATM利用手数料を優遇し合う相互優遇提携に調印した。

沖銀の利用者が旅行や出張で北海道を訪れた際に、沖縄で利用するのと同じ手数料(平日午前8時~午後6時は無料)で道銀ATMを利用できる。

併せて、道銀が2010年から始めている「海外発行カード対応ATM」のサービスを6日から沖銀本店とイオン北谷店で開始し、沖縄のインバウンド対策を支援する取り組みを盛り込んだ。

沖銀本店で開かれた調印式で、道銀の山川副頭取は「沖縄には北海道以上に台湾から人が来ており、台湾カードに対応した私たちのATMサービスは沖縄観光の利便性向上に役立つだろう」と述べた。

沖銀の伊計専務は「国内2大観光地である沖縄と北海道の交流を促進していきたい。沖縄大交易会に道銀も積極的に参加してもらってきた中で、相互の提携を模索してきたことが形になった」と述べた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の海、シャチ悠々 久米島... | トップ | 沖縄県内65%が賃上げ 改... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。